09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】STEINS;GATE(360) 

@ゲーム事情 ----------------
■[360] STEINS;GATE
http://steinsgate.jp/
Trueルート終了と同時に全実績解除。

wikiの考察や元ネタなどを解禁。
2ch用語やオタ用語はさておき、現実世界の"CERN"と"ジョン・タイター"に興味が沸いた。
ある程度はネットのまとめやwikipedia、書籍などでカバーできるが、"STEINS;GATEにおいての詳細な設定資料集"も欲しいところ。
もとよりゲームやアニメ以外のSFにも関心は強かったが、nayoさんは走り出すと止まれない性格なので、あえて手を出さずにいた。
今はもう、大学の相対性理論の講義が懐かしい。単位は取ったけどまた受けたい感じ。

wikiの元ネタまとめから、劇中に出てくるある程度の施設を特定。
GoogleMapが便利すぎて困る。
牛丼屋には近い内に行ってみたい。
肝心のラボの位置については特定できない。架空なんだろうか。


<ストーリー>
現実世界の"秋葉原"をはじめ"2ch"や"現実の科学"、"ジョン・タイター"や"CERN"に"IBM"などなど…
一歩間違えれば大問題になりかねないほど忠実に再現されている。
このリアリティさが途轍もなく面白い。

現実世界を忠実に再現された舞台。
そこで、自分が好きな3つのジャンルの内の2つ、「SF」と「ファンタジー」な物語を展開。

物語の興味をそそる対象要素として、「仲間」、「理論」、「猟奇」。
円滑に楽しめる要素として、「ネットスラング(2ch・オタ用語など)」。
その他、"田村ゆかり"をはじめとする豪華声優陣による"ハイレベルなボイス"。
恋愛要素が薄く、単なるギャルゲに落ち着かなかった点も、個人的に好印象。

2ch用語やオタ用語で何度噴出して笑ったことか。
声優については、単なる"豪華声優陣"という括りに留められない。
個人的に恋愛展開よりも家族・仲間展開に弱いこともあって、1周目は事ある毎に泣いた。


<キャラクター>
・鳳凰院凶真
見てて飽きない。
クリスやダルと馬鹿やってるシーンが印象深い。

・クリスティーナ
バレてフリーダムになってからが本領発揮。
口から漏れる度に笑わされた。

・まゆり
「トゥットゥルー♪」「えっへへー」「(*´∀`)」「~なのです。」
ラボの最後の良心とでも言うか、そんな感じ。

・バイト戦士
最初から意味深な発言を繰り返し、本編にも大きく絡むキャラクター。
それが"田村ゆかり"なもんだから、おじさん狂喜乱舞。

・フェイリス
単体でも良いが、マユシィとセットで出てくるとより和む。
"桃井はるこ"の攻撃力の片鱗を味わった気がする。

・ルカ子
人によってはストレートなんだろうか。
残念ながらおじさんはNoThankyou(´・ω・`)

・閃光の指圧師
ビジュアルは良いのだが、如何せんメール魔でウザい。
システムの仕様上、ホントにウザいから困る。

・ダル
STEINS;GATEにおける最萌えキャラ。
こやつめ、ははは( ´ω`)σ)д`)

・ミスターブラウン
宮野真守の流暢な呼び方が印象深い件。
小動物を愛でてるイベント絵が欲しかったなぁ…

・小動物
最初はまぁ、ロリコン乙程度だった。
けれど、物語を進めてたら…


<音楽>
BGMはMemoriesOffの、もとい5pb.の"阿保剛"氏が担当。
MemoriesOffで慣れ親しんだ音調ながら、新鮮な感じで安心してプレイできた。

声優陣については、主人公オカリンの"宮野真守"に最優秀賞を贈りたい。
男性声優にしては久々に拍手したくなるほど素晴らしい演技力だった。

ミンゴスこと"今井麻美"も好印象。
アイマスの千早でしか知らなかったが、なかなかどうして良いじゃない。
基本的に冷静な性格だったキャラクター設定に助けられていた感じはあるものの、終始安定して良かったと思う。
バレてフリーダムになってからは、ただひたすらに面白可愛かった。


<システム>
携帯電話をそのまま操作できるかのような"フォーントリガー"が面白い。
会話の最中に携帯を操作する反感を買ったり、電話やメールを無視していると、これまたそういう結果になったりとリアリティが高まる。
このシステムを従来の"選択肢"と併せて、これからのADVに標準搭載されるようになると面白そう。
より洗練されたシステムを次回作に望みたい。

オプションについてはフォーントリガー周りを含めて、もう少し細かくいじれても良かったと思う。


<まとめ>
「CHAOS;HEADが面白かったから」という理由で迷わず予約即決した本作。
予約した後に興味を惹かれる情報が多々出てきて、発売日前日は久しぶりにワクワクしてた。
前作を踏まえた見切り発車だったが、結果オーライ。オーライどころか大正解。

STEINS;GATEにおける"前作を知ってれば楽しめる"要素はCHAOS;HEADの体験版プレイレベルで事足りる。
何故"ゲロカエルんが流行った"とか、"大地震"云々が気になるようであれば、実際にプレイしてみればいいような感じ。

ADVゲームとしては、月姫やFateの"TYPE-MOON"、AIRやKanonの"Key"に次ぐ程のハマりっぷり。
渋谷を舞台にした前作の"CHAOS;HEAD"も面白かったが、今作の"STEINS;GATE"はそれの比じゃない。
猟奇的なシーンこそ抑えられていたものの、現実と空想の入り混じった理論展開が"面白い"。
SFである以上、突き詰めていくと矛盾に到達するのは止むを得ないとは言え、こういった展開は大好きだ。

発売されてから約10日。
この10日間は帰宅してからずっと、STEINS;GATEをプレイしていた。

とても"面白い"作品。
欲を言えば、α世界線やβ世界線の未来の話も展開して欲しかった。

5pb.×Nitro+のコラボレーション企画「科学シリーズ」。
次回作も迷わず手を出す。
スポンサーサイト

テーマ: レビュー・感想

ジャンル: ゲーム

ゲーム感想  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

6th TAM - TOKYO ASIA MUSIC MARKET 

今日は定時に上がると同時に品川へ直行。
なんとか開演時間の5分前に到着。
両国から品川は近いのだが、両国駅から職場まで若干距離がある罠。

■TOKYO ASIA MUSIC MARKET
http://www.tamm.jp/ja/live.html

TGSなどに代表される"CoFesta"のひとつにカウントされる催し。
事前抽選による参加無料の完全招待制ライブ。

前回に引き続き、今回も応募→当選→参加。
最大の目標は"下川みくに"と"ELISA"。あと"牧野由依"。
今回は前回よりもアーティスト数が増えた事もあり、一人あたり2曲の披露だった。

開演までのわずかな時間に、2Fの関係者席をガン見してたのだが…
なんだかそこに部長(May'n)らしき人物がいたような。違ったかな。


◆飛蘭
「Dark Side of the Light」(喰霊-零-)
「mind as Judgment」(CANAAN)

出だしは飛蘭。
アニサマ2009と同じ2曲を披露。
勢いがあるので、最初のアーティストは飛蘭しかいないと思ってた。

◆Kimeru
「You got game?」(テニスの王子様)
「OVARLAP」(遊戯王)

テンションの高さがやたら印象深かった。
「誰?(´・ω・`)?」見たいな雰囲気が、本人のテンションの高さにより釣られる会場。
守備範囲外のアーティストだったけど、妙に面白かった。

◆スフィア&戸松遥
※スフィア(豆タンクx紬x音姫x唯)

会場のテンションが最も盛り上がったのが、このタイミングだった。
スフィア狙いで来てる人多すぎ。

「Future Stream」(初恋限定。)
「Super Noisy Nova」(宙のまにまに)

まにまにキタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
スフィアは守備範囲外だけど"Super Noisy Nova"は問題ない!
衣装は"Super Noisy Nova"のジャケに使用したものだとか。
ここら辺からテンションが上がって来る。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡
 ⊂彡

戸松遥を残して、唯・紬・音姫は撤収。
この1曲のみ、豆タンクのターン。

「motto☆派手にね!」(かんなぎ)

かんなぎは見てないんだ…orz
一時期、秋葉原で流れてまくってた事もあって、曲自体は耳に残ってた。
とまっつぁんかわゆすなぁ…。

◆Keno
「おはよう。」(ハンター×ハンター)

会場内「誰?(´・ω・`)?」
ハンター×ハンターのOP映像が流れる。
会場内「Σ(´・ω・`)把握した」

ハンター×ハンターが懐かしかった事と、やたらMCが長かった事が印象深い。

「stay with me」(倖田來未カバー)

カバーだろうが、曲を知らないし、そもそも倖田來未に興味がない。
原曲知らないけど、Kenoのカバーはよかったと思う。

◆ELISA
歌姫ELISAキタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
今回の目当ての一人目が登場。

「euphoric field.」(ef -tale of memories.)
「Dear my friend」(とある科学の超電磁砲)

今でもOPが脳裏を過ぎるデビュー曲の"euphoric field."に始まり、新作アニメのレールガンOP"Dear my friend"。
ハヤテの"Wonder Wind"も聴きたかったけど、アニサマで聴けたからまぁいいか(´・ω・`)

ELISAの好物は蜂蜜らしく、ライブに持参したり、自称蜂蜜消費量世界一らしい(何
しかし、はちみつが好物とは……
アニサマ2009での「えーりさー!!」→(///)といい、どこかの萌えキャラ設定のような(ry

ELISAはリアルタイムでデビュー時(ef1期OP)から目をつけてるアーティスト。
efのOPだけを何度も見返した当時の記憶はまだ新しい。

◆牧野由依
癒されボイスの牧野由依キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
『ELISA→牧野由依』の良コンボ!

「天使の梯子~crepuscular rays~」([Wii] アークライズファンタジア)
「たんぽぽ水車 ~Yui Makino Version~」(スケッチブック)

「他のアーティストの勢いが凄いけど、跳ねられるような曲は持ってないので、ここではごゆるりとお聴きください」とかなんとか。
まぁ、牧野由依で跳ねられるような曲と言ったら、3曲あるかどうか…

ELISA同様、リアルタイムでデビュー時(創聖のアクエリオンED)から目をつけてるアーティスト。
アクエリオンは、アニメはさておき、菅野よう子が手掛けただけあってOP・IN・EDと尽く曲が良かった。

◆下川みくに

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …?!

え、ちょ、早い。
ここで大ボス投入とか、トリは誰になるんだよwwwwwwwwww
今回のトリはどう考えても"下川みくに"以外にありえなかったので、この展開は想定外。

あと2組も残ってるのに、大物をここで使ったら誰が舞台を締めるんだ…
と全力でツッコミつつも、『ELISA→牧野由依→下川みくに』のスペシャルコンボに感激してた。

曲は一度生で聴きたかった曲、それが2曲も実現。

「それが、愛でしょう」(フルメタル・パニック?ふもっふ)
「南風」(フルメタル・パニック The Second Ride)

フルメタ2曲を生で聴けて、おじさん超満足('∀`*)

しかしなんだ。
デビューしてからまだ10年しか経ってなかったのか…
大ボスの風格が漂っているだけあって、意外だった。

◆生沢佑一
「誰?(´・ω・`)?」
と思ったら、ステージ上の映像→Nitro+のロゴ→把握しました。
デモンベインの人だ!

「Evil Shine」(機神咆吼デモンベイン)
「WARRIORS」(遊戯王)

あら、なかなかアツイ曲ですこと。
PVなんかも良さそうですわ。

"Fate/Zero"や"アニメ版ファントム、"CHAOS;HEAD"に"STEINS;GATE"など…
最近、間接的にNitro+作品に興味が沸いている。
Nitro+作品は何作かかじった事はあるものの、まともにプレイした作品は"沙耶の唄"くらいだった気がする。
今更ながらデモンベインやカルネヴァーレ、ジャンゴなどに手を出してみたくなって来た。
近くにNitro+信者がいればなぁ…

◆腐男塾
まさかのトリが"腐男塾"とか、全く知らないアーティスト。
設定なのか事実なのか知らないが、オタを舐めたリア充御用達みたいな仕様(何
会場も一部を除いて、8割方「(゚д゚)?」状態。

アウェー感の強さが尋常じゃないwwwwwwwwww

これは酷い。
ライブのトリがアウェー感全開。
いや、ホント、全開。
サイリウム振ってる人はノリで適当にやってる感じなのが多いし。

「勝つんだ!」(ヤッターマン(リメイク))
「ヤッターマンの歌」(ヤッターマン(リメイク))

曲自体には勢いがあったので、しかるべき客層であれば、かなり盛り上がったのかもしれないが…
残念ながら、"ELISA、牧野由依、下川みくに"を見に来た自分にとっても空気以外の何物でもなかった。

■MACROSS CROSSOVER Live A.D.2009x45x59 

  
◆MACROSS CROSSOVER Live A.D.2009x45x59
http://www.ftama.com/crossover/index.html

会場内では劇場版、パチンコ、PSPのPVが流れてた。
劇場版のMay'n新曲良すなぁ…('∀`*)

開演より10分少々遅れてスタート。
OPはムービーのエキセドル参謀による諸注意とデカルチャー復唱。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~マクロスF~

出だしはマクロスF。
銀河の妖精"シェリル・ノーム"こと部長"May'n"!!
ライブ一発目は"ノーザンクロス"!
出だしトップギアキタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
そしてそのまま"射手座"へ繋げて全身全霊で「もってっけー!」ヽ(゚∀゚)ノ
軽くMCを挟んで今週水曜発売の「pink monsoon」。
なかなかに頭に残りそうな曲だった。

May'nが下がって、超時空シンデレラ"ランカ・リー"こと"中島愛"登場。
劇場版新曲の"そうだよ"に始まり、ドクンドクンドクン♪の"アナタノオト"。
そして、みんなでキラッ☆と"星間飛行"。
ランカちゃん和すなぁ('ω`*)

ここでMC&May'nのバースデーサプライズ。
次の曲のために準備していたであろう、ステージ上部にいた部長のバースデーサプライズ。
シークレットゲストにシェリルの中の人である"遠藤綾"も登場(歌はMay'n)。
会場全体、タイヤキ型のケーキで一緒にお祝い。
通常のタイヤキの20個分の大きさだとか(゚д゚)
May'nの10代最後のステージライブがこのクロスオーバーライブ。
素晴らしいサプライズ企画でした(つД`)゚・。*゜・。*゜・。*゜
ケーキがタイヤキの形してることも、凄く良かった。

遠藤綾が引っ込んでから、シェリルとランカのデュエット。
まずは、"ダイヤモンドクレバス"を二人で(="ダイヤモンドクレバス50/50")。
ダイヤモンドクレバスはMay'nが本当に大事にしている曲。
どれだけ大事にしているかは、これまでのライブでも事あるごとに言っていた。
そして、"トライアングラー"(="トライアングラー(fight on stage)")→"ライオン"。
ここで二人は撤収。


~初代マクロス~

『マクロスF→FIRE BOMBER→ミンメイ』な流れかと思いきや…
マクロスの代名詞ともとれる"リン・ミンメイ"こと"飯島真理"が登場。
ここから暫くバラードなどの静かな曲が続く。

MCでは先日亡くなられた加藤さんへの想いを涙ながらに(´;ω;`)
ミンメイのカツラを注文したらしいけど、間に合わなかったらしい(ぁ

本場の"愛・おぼえていますか"は身体が震えた。
声帯を痛めているらしく、100%の調子じゃない感じは聴いて取れたものの…
それでも、心から生で聴けて良かったと感じた。
個人的に気に入ってた"0-G LOVE"も聴けて良かった。


~マクロスプラス~

ここで何故か"マクロスプラス"の映像が流れる。
なんだただのPVか(´・ω・`)
と想ったら、


( д )      ゜ ゜

( д )      ゜ ゜

( д )      ゜ ゜

( д )      ゜ ゜

( д )      ゜ ゜

"ミュン・ファン・ローン(新居昭乃)"キタァァァァァヽ(゚Д゚)ノァァァァ!!!!


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

"マクロスプラス"はnayoさんがマクロスに手を付けるキッカケになった思い出深い作品。
あのMyライブ史上に残った菅野よう子の"超時空七夕ソニック"ですら出なかった、あの曲が……!

たまらんたまらん。超たまらん。
Fで出だしトップギア、ミンメイでスピードダウンしたところに、またミュン・ファンで爆即トップギア。
会場のボルテージも一気に臨界点に!

"VOICES"に始まり、MCを挟んで"wanna be an angel"。
思いもしなかったマクロスプラスの"wanna be an angel"が生で聴けた。
"FIRE BOMBER"がまだ出てないのに、おじさんもういっぱいいっぱいですヽ(´ヮ`*)ノ

ライブ1日目はマクロスIIから笠原さんがシークレットゲストで来たらしい。
2日目を選んで本当に良かった………


~マクロス7~

シェリル、ランカ、ミンメイ、シークレットゲストのミュン・ファンと来て…
残るはただひとつ。

熱気バサラとミレーヌ・ジーナス、福山芳樹とチエ・カジウラの"FIRE BOMBER"!!
SEVENTH MOONの映像に始まり、
"PLANET DANCE"でライブ開始!
"Burning Fire"でカモン!!イェイ!イェイ!イェイ!ヽ(゚∀゚)ノ♪
勢い余って4回イェイ!イェイ!ヽ(゚∀゚)ノ♪してたのは目立ったかもしれない。
"My FRIENDS"をお徳用仕様で2回聴き、MCを挟んで"REMEMBER16"のアコギver。
"PILLOW DREAM"を挟んで、軽くMC。

福「最初は"突撃ラブハート"なんて曲をどのツラ下げて歌えばいいのか(ry」
てな話はツボだった(ノ∀`)

"弾丸ソウル"→"Dynamite Explosion"超コンボキタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
テンション逝き過ぎだろうが、空調の調子が悪くて熱気半端じゃなかろうが、もうどうでもいい!
DynamiteExplosion、SUGEEEEEE!!!

次いで"ANGEL VOICE"→"HOLY LONELY LIGHT"。
"Dynamite Explosion→ANGEL VOICE"のあたりで、やはりマクロス7はダイナマイトが一番だと改めて認識した。

ここでバサラの中の人こと、"神奈延年"と可愛いミレーヌの方の"櫻井智"がゲスト登場。

神奈延年、生筋肉キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!(ぇ

最後に"LIGHT THE LIGHT"を4人で歌ってFIRE BOMBERのターン終了。


~アンコール~

アンコール一発目が、これまた念願の"FIRE BOMBER×May'n"!!
熱気バサラ&ミレーヌ・ジーナス×シェリル・ノーム!
キタキタキタキタキタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!!!!!!!

曲は『突撃ラブハート』!

アニサマ2008にはマクロスFで盛り上がっていたMay'nとJAM projectとして福山芳樹が参加していた。
しかし残念ながら、"バサラ×シェリル"の夢のコラボレーションがアニサマで実現する事は無かった。

チケットが確保できず、参加できなかったMay'nの単独ライブ"May'n ACT"。
後のレポート記事でスペシャルゲストとして福山芳樹がMay'nACTに出てコラボってた事を知った時には、もうね……ッ!ヽ(`д´)ノ

その理想がここに実現。
このライブ1回だけで、念願叶いすぎ。
俺もう、くたばってもいいよね的な感じに。。。


7とFの片割れがコラボしたらば、初代と残りFのコラボは必至。
"リン・ミンメイ×ランカ・リー"こと、"飯島真理×中島愛"が登場。

この2人の『天使の絵の具』。
表現がおかしいけど、表現するにはまさに「"天使"が相応しい」。
曲中はそんな時間だった。


ステージに全員を集めて、最後はもちろん超時空アンセム。

"息をしてる 感じている"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・May'n部長のバースデイサプライズ
・生"新居昭乃"曲
・ミンメイの生"愛・おぼえていますか"
・FIRE BOMBERの"Burning Fire"、"Dynamite Explosion"
・FIRE BOMBER×May'n→突撃ラブハート
・ミンメイ×ランカ→天使の絵の具


本当に素晴らしいライブでした。
曲も然る事ながら、マクロス関係の念願が片っ端から叶えられた。
七夕ソニックといい、XOライブといい、2009年は思い出深い年になりそうです。


終演時のカムジンのムービーは笑えたwwwww
開演時間が14:30からだったのはそういう理由かっ!



2日目のセットリストは下記の通り。

*************************************
OP:エキセドル参謀の諸注意&デカルチャー復唱

~マクロスF~
1.ノーザンクロス (May'n)
2.射手座☆午後九時Don't be late (May'n)
3.pink monsoon (May'n)
4.そうだよ (中島愛)
5.アナタノオト (中島愛)
6.星間飛行 (中島愛)

[サプライズ] May'nへのHappy birthday to You(ゲスト:遠藤綾)

7.ダイアモンドクレバス50/50 (May'n&中島愛)
8.トライアングラー (May'n&中島愛)
9.ライオン (May'n&中島愛)


~マクロス~
10.エコーズ (飯島真理)
11.ニューヨーク (飯島真理)
12.オリジナル (飯島真理)

マクロス(映像)
小白竜(映像)
愛は流れる(映像)

13.私の彼はパイロット (飯島真理)
14.0-G Love (飯島真理)
15.ランナー (飯島真理)
16.シンデレラ (飯島真理)

[MC]加藤さんありがとう

17.愛・おぼえていますか (飯島真理)


~マクロスプラス~
マクロスプラスの映像
18.VOICES (新居昭乃 )
19.wanna be an angel (新居昭乃)


~マクロス7~
SEVENTH MOON(映像)
20.PLANET DANCE (福山芳樹&チエ・カジウラ)
21.Burning Fire (福山芳樹&チエ・カジウラ)
22.MY FRIENDS (チエ・カジウラ)
22.5.MY FRIENDS (チエ・カジウラ) 2回目
[MC]福山「バサラが夕日をバックにしたりしてふと歌う曲。こんな感じで!」
23.REMEMBER 16 (アコースティック・ギターバージョン) (福山芳樹)
24.PILLOW DREAM (チエ・カジウラ)
25.弾丸ソウル (福山芳樹)
26.Dynamite Explosion (福山芳樹)
27.ANGEL VOICE (福山芳樹)
28.HOLY LONELY LIGHT (福山芳樹&チエ・カジウラ)
29.LIGHT THE LIGHT (神奈延年&櫻井智&福山芳樹&チエ・カジウラ)

~アンコール~
30.突撃ラブハート(福山芳樹&チエ・カジウラ&May'n)
31.天使の絵の具 (飯島真理&中島愛)
32.息をしてる 感じている (飯島真理&福山芳樹&チエ・カジウラ&May'n&中島愛)

ED:カムジン「明日からのモーターショーの準備があるから早く帰れ!」
*************************************

S;G初プレイ感想 


『面白い』  『楽しい』

この2つの違いを区別できてない人が意外に多くて驚いた。
以前、会話で違和感を感じたのはこういうことか。
相手が自分なりに明確にしていなかった様子。


以下、STEINS;GATEの初プレイ感想。
ネタバレ無し。

@ゲーム事情 ==================
◆[360] STEINS;GATE
http://steinsgate.jp/

現在、第三章。
オカリンの邪気眼っぷりが本編にどう絡んでくるのか、いくつもの仮説を立てつつプレイ中。
とは言え、第一章の段階で"電話レンジ(仮)"含めて、以降の展開をある程度推測できた。
CHAOS;HEADみたく、この作品にも斜め上な展開を期待したい。


【物語】 ----------------------
タイムトラベルを中心に、量子力学や幾何学などを、空想科学と併せて話が展開。
ライトなものとしては"バタフライ効果"や"タイムパラドックス"、"相対性理論"など。
他にも"時間時順序保護仮説"、"事象の地平線"、"超ひも理論"、"フラクタル構造"などなど。

こういった論理的な事柄が好きな人なら、たまらない作品(゚∀゚)!!
CHAOS;HEADよりも、より専門的な要素が多い感じ。
"Tips"は本来こういう使い方をすべき。ただのコレクション要素じゃないんだよ!
まぁ、余計なものも多いけど。

逆にこういうモノが苦手な人は、ただテキストを垂れ流すしかないかもしれない。
CHAOS;HEAD同様に2ch用語やネットスラングも多いので、なかなかにプレイする人を選ぶ作品でもある。

また、主人公が中二病(邪気眼)なので、プレイスタイルによっては疲れる。
テキスト流すだけなら「なにコイツ、痛いwwww」で済むんだけど…
斜め上の展開を推測しつつプレイしてるので、逐一主人公の発言を真摯に考える。
→ 俺、疲れる。


【システム】 ------------------
・基本的にノベルゲームであり、恋愛シミュレーションなどのADVと違って選択肢は存在しない
・フラグ立てなどは、携帯電話(フォーントリガー)のやり取りによって決まる

携帯電話そのままを操作できる"フォーントリガー"が面白い。
電話の壁紙や着メロなども追加や設定が可能。
操作時も、人と会話してる時に携帯いじると反感を買ったり、電話やメールを無視していると、これまたそういう結果になったりする。
このシステムを従来の"選択肢"と併せて、今後のADVに標準搭載して欲しい。

現在の劇中携帯の設定は
音:密教の首飾り(CHAOS;HEAD曲)
壁:デフォルト
まゆしぃ☆やフェイリスあたりから、何か壁紙が欲しいんだ…(´・ω・`)

あと、オプション面は最近のメモオフほど細かい設定ができない。
システムの仕様上、もう少し細かくいじれても良かったかもしれない。


【キャラクター】 ---------------
・オカリンが宮野真守+中二病(邪気眼)→常に「俺がガンダムだ!(笑)」状態
→ 参考:武力介入できないソレスタルビーイングシリーズ

・まゆしぃ☆の「トゥットゥルー♪」がツボ
→ 公式>登場人物>椎名まゆり>サンプルボイス2

・ダルの2ch用語発言はもう少し自然に使って欲しい(´・ω・`)
→ 関智一がんばれ

・オカリンとフェイリスの会話のレベルが高い
→ プレイスタイルが影響して、疲れる

・CHAOS;HEADの「ふひひww」とはまた別の方向で痛面白い
→ 馬鹿と天才は紙一重みたいな方向


【その他】 ------------------
背景は秋葉原そのまんま。
劇中で詳細に位置を語ってくれたので、今度彼らの拠点を見に行こうと思います。


【参考】
◆[PC] CHAOS;HEAD
http://www.nitroplus.co.jp/pc/lineup/into_15/top.php
※360版@http://5pb.jp/games/chaoshead/

/////////////////////////////
■[PS3] \5000値上げされた薄型PS3(250GB)が北米で発売予定
http://vipper2ch.blog94.fc2.com/blog-entry-821.html
日本では未定。
出るとしても、12/17のFF13同梱版以降なのは間違いない。
あるいは、250GBは同梱版の専用仕様とか。

■[アニメ] サマーウォーズ、経済産業大臣賞受賞
http://anime.webnt.jp/nt-news/?detail=1529
第24回デジタルコンテンツグランプリにて"満場一致"で最高賞を受賞したサマーウォーズ。
経済産業大臣賞も受賞だとか。
BD化まだー?

■[他] ミクFES、メイキング動画
http://www.nicovideo.jp/watch/1255673703
これは凄い………
立体映像がまさかここまでのクオリティだとは思わなかった。

テーマ: 日記・雑記

ジャンル: ゲーム

ゲーム雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【感想】Memories Off 6 Next Relation(360) 

■[360] MemoriesOff 6 NR
□http://memoriesoff.jp/6nr/
フルコンプリート完了。

<キャラクター&物語>
>りりす√
NRでは、不器用ながら頑張るりりすが好印象。
だがしかし、残念ながらNRでもそこでストップ。
物語の〆方は良い意味で普通。

>智沙√
うん、やっぱり智沙が一番。
無印の時よりもたくましくなった。
よばいとかイヌ語尾とか危険。
智沙√2周目のメガネ分岐が素晴らしい。
cvの平野綾も相俟って危険過ぎる。

【実績:GS80 メガネ+ポニテ=最強説】

メガネ+ポニテは"最強"だったらしい(゚д゚)
cvが平野綾であればこそ納得。

>クロエ√
物語に気合が入ってる。これぞメモオフ。
"5"のあすか&麻尋&香月√以降、久々にしっくり来た。
クロエも良いけど、ノエルがかなり危険。BGMもたまらん。
クロエとノエルのやり取りはでっかい和む。

プレイ中、各キャラ2√存在してるのに、クロエだけは何度やっても同じENDになってしまう。
きっとどこかにノエル√への分岐があると信じて探したけど、クロエはそもそも一本道だったらしい(´・ω・`)

>鈴√
vs信。
信との絡みの関係で、"楽しむ"という意味では鈴√が最も楽しめた気がする。
物語については比較的好印象。

>結乃
目が修正されて、これは良い結乃に。
NRでは理想的な後輩キャラに仕上がりました。
とても良い娘で、神奈√とかまずありえない。
物語については並だけど、最後のイベント展開には疑問。
あと、麻尋の立ち居地をもう少し良くしてあげて欲しかった。

<その他>
※いつかの4/1ネタ"ファイティング・メモリーズ"が劇中でアーケード化
※劇中に5pb.作品のCMあり(CHAOS;HEADやシュタインズ;ゲートなど)

<気に入ったランキング>
無印:智沙=クロエ>結乃>黎音=りりす

NR:智沙≧クロエ≧結乃>りりす=鈴

あまり変わってなかった罠。
主要なお気に入りキャラの底上げになってしまったらしい。
とりあえず、りりすの底上げは微妙に成功したので良しとしよう。

テーマ: レビュー・感想

ジャンル: ゲーム

ゲーム感想  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。