07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】PS3版THE IDOLM@STER について 

■[PS3] THE IDOLM@STER 2

アイマス2がPS3に移植決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
※ソースは7/21発売予定のファミ通だとか

>・ゲーム中、劇中のアニメが挿入
>・アニメ版の主題歌「READY!!」を収録
>・ゲームバランスの見直し
>・初めてプレイする人に向けて難易度を2種類用意
>・初心者向けなら「ノーマル」、熟練者は「ハイパー」がお勧め
>・ダウンロードコンテンツの一部を収録
>・360版「カタログ創刊号」から「第3号」までの衣装、楽曲、アクセなど収録
>・「アニメもゲームもグラビアも!アイマス@スペシャルBOX」(19,800円)
>●PS3用ソフト「アイドルマスター 2」ソフト
>●PS3用ソフト「アイドルマスター グラビアフォーユー!第1巻」
>●Blu-ray「アニメ版 アイドルマスター 第1巻 完全限定生産版」
>●アニメBlu-rayの全巻収納BOX
>●「アイドルマスター 2」ゲームサウンドトラックCD
>●旬のアイドル応援マガジン「月刊アイグラ!!」

特典からして、明らかにアニメ版からの新規層を狙っている囲い込み!
まだ公式情報は来ていないけど、PS3同梱版が出てもおかしくない流れだね!

だが、うちのTLでもなにやら否定的な意見が目立つ。
しかもアイマスがどうこうではなく、何故かハード論争が巻き起こってる。

アイマスPは「やったぜ新しくPS3版が出る!DLCも両方併行して買うよ!」なんて廃な人がメインだと思ってたけど、自分が思っているよりもハードに固執している人は多かった様子。
9.18の時は良くも悪くも"アイマス"について様々な議論が交わされたけど、今回はアイマスとは直接関係ないところが話題になっている。
アイマスが好きなのか、ゲームハードが好きなのか。

嬉しい情報のはずが、なんだかとても悲しくなった。


■PS3版を考えてみる
・アニメ版アイドルマスター放送開始
・アニメ版×BD発売=BD再生機
・アニメ版からの新規ユーザーの獲得&拡大
・昨今の日本市場のシェア&各ハードの勢い
・過去にPlayStationHomeで行われたアイマスライブの意図
・PSP版、DS版などの試験的タイトル
・テイルズやスパロボを見ていれば分かるバンナムのやり方

などなど、あえて360の特典付き新パッケージではなく、PS3移植を推して来る理由は素人目に考えても十分すぎるほど。

▼ユーザーの熱意と話題性
「THE IDOLM@STER」はゲームそのものにある勢いを前提に、追加DLCで荒稼ぎする過去にあまり例がないビジネスモデル。
この方法ならば、販売本数が少なくともユーザーの熱意や話題性さえあれば、配信データだけで利益を出すことができる。

が、そのモデルの核にあたるであろうユーザーの熱意や話題性が「9.18」の一件によって陰りを見せた。
9.18では結果的に悪い意味で話題となり、少なからずアイマスから離れた人もいるほどの出来事となってしまった。
ユーザー間で様々な議論が交わされ、その意見は開発陣にまで届けられたものの、結果的に"一切の変更無く"発売。
発売日前日~当日など、もちろん界隈ではお祭り状態(良い意味で)だったし、ゲームについてもそれなりに話題になった。
アイマス以外からの外的要因についてもいろいろと思い当たるフシはあるけど、ここでは割愛。

▼世間的には
「L4U!」の据置以後、携帯機を絡めてまずまず推移し、アイマス2は2011年のXbox360タイトル1位の販売本数を繰り出した。
が、熱意や話題性については、「2」の発売以後はアニメ版以外に爆発的な要素は無く、今ひとつ盛り上がりに欠ける感も。

アイマス2が発売し、ライブなどでアニメ情報を餌に盛り上げ、アニメ版が始まったところでPS3版の情報。
もしもライブでPS3版情報を出していたら、また大きく荒れていたと思う。その場、その瞬間は盛り上がったとしても。
フラゲ情報を前提とした展開でもあるようなこの感じ、「話題性」としては良いタイミングでの燃料投下だと思う。

▼利益的に見てみると
今の「THE IDOLM@STER 2」には「STAR OCEAN 3」と似たような流れを感じる。

― 発売前から期待されていた「STAR OCEAN 3」はバグによるフリーズ現象により、発売直後からその話題性は急速に失われた。
― その後、開発途中に容量の関係で削除されたキャラクターなどを追加・調整した「DIRECTOR'S CUT」版が発売。いわゆる完全版。
― ディスク回収にも及んだ大打撃であったため、本来予定に無かった「DIRECTOR'S CUT」版の発売は企業利益の救済とも噂された。
― このようなやり方は当時ではまだ少なく、結果的に今の「完全版商法」と呼ばれる手法の先駆けとなってしまった一例だと思う。

「9.18」はSO3でいうところの"バグ"に、「PS3版」は"DIRECTOR'S CUT版"に置き換えるとしっくり来る。
9.18の影響で思ったよりも「2」のDLCが芳しくなく、アニメ版からの新規層の囲い込みを兼ねて、より利益が出せるような試みを検討したとすると……

昨今の景気や業界事情を鑑みるとありえそうだけど、開発などの時間的な要素を考えるとまずありえない。
360版とほぼ同時か、割と初期から検討されていたことだと思う。



■まとめ
個人的にはPS3版アイマス2は嬉しいし、理解もできる。
ゲームを作る側だって慈善事業でやってるわけじゃない。
ご飯を食べるためにはお金を稼がなければいけない。

いろいろな特典を初め、新たに3人プロデュース可能になるとか、素直に嬉しい。
新たな3人は竜宮の3人と仮定して、何らかの条件でりっちゃんもプロデュースできるのかな、とか少ない情報で妄想が広がる(゚∀゚)!!

ただ、発売時期がゲームラッシュ真っ只中で、血も涙もない10月^q^
なんとか手を出せないか検討中。



関連記事

テーマ: アイドルマスター

ジャンル: ゲーム

ゲーム雑記  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。