09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】 超次元ゲイム ネプテューヌmk-II 

■[PS3] 超次元ゲイム ネプテューヌmk-II
【公式サイト】 / 【公式ブログ】 / 【Twitter:ハッシュタグ】



タイトルにナンバリング(?)を打っているけど、前作とは完全に独立した作品。
ストーリーの関連性もなければ、一部を除いてシステムもまるで異なる。
良い意味で、「前作とは何だったのか」と言いたくなるほどの進化を遂げた。

主に共通している点は前作キャラクターとMobくらいだろうか。
長時間プレイしていると極稀にフリーズすることもあるが(戦闘時)、それでも前作とは比較にならないほど快適。
前作で「コレジャナイ」と感じた人には、もう1度だけ試してもらいたい。



▼ストーリー
主人公はプラネテューヌの“女神候補生”(=凖女神的ポジション)。
今作のストーリーは前作でいうところの四女神が敵に捕まっているところから始まる。
“名人との約束”の後、割と唐突に始まるので、公式サイトなどで物語の導入部分くらいは読んでおいたほうがいいかも。
ゲーム業界を元ネタにしたシナリオもなかなかきわどくストレートな内容のネタが目立ち、序盤とクエストだけだった前作よりも遥かにパワーアップ。

▼戦闘
戦闘はトラスティベルの感覚に近く、単なるコマンド型から脱出。もっさり感も消え去った。
戦闘時、初期配置のフォーメーションがいくつか選べると嬉しかった。
コマンド設定も各ボタン(△/□/○)×3段階、合計9種の項目に整理され、前作のコマンド羅列を撤廃。
「△→△→○=決め技」など、特定ボタンのコンボで決め技が発動する仕様。

▼キャラクター
今作はパーティINするキャラクターにぺったん娘が多いため、その系統の人にはまた好まれそうな雰囲気。
揺らす要素が減ったからか、フリーズ原因のひとつだったからか、はたまた大人の事情か、ADVパートでモーションポートレートが無くなってたのは残念。

新・旧含めて、今作で特に気に入ったキャラクターは以下の通り。
※壁紙のDLは「公式サイト>SPECIAL」から

・パープルハート(ネプテューヌ女神ver)
・がすとちゃん
・ネプギア
・箱崎チカ
・ノワール×ブラックハート
・ラム&ロム×ホワイトシスター

パープルハート様とがすとちゃんは前作からのお気に入り。
サブキャラではリーンボックスの箱崎チカが気に入りました。
支配ENDを終えてからは、ギアちゃんも………!

▼マルチエンディング
今回はマルチエンディングとは言え、ひとつのセーブデータでシェア調整すれば事足りる。
トロフィーを埋めるためには最低2週必要だが、アイテムやレベルは引継可能だし、イベントスキップや戦闘中のモーション送りも搭載されているため、大して時間はかからない。

噂には聞いていたけど、支配ENDは切なかった………
しかしながら、この作品にあるまじきシリアス展開は非常に面白かった。
普段のノリが軽かったからこそのギャップ燃え?
ギアちゃんの「お姉ちゃんを助けるはずだったのに、なんでこうなっちゃったんだろ…」って発言が胸に突き刺さった。(※バレ反転)
自分以外のすべての女神を犠牲にし、大変な思いを経て、ようやく出来上がった魔剣を「特に問題ない」と言わんばかりにあっさりと受け入れられ、さらに「女神が一人になった時点で滅亡は約束された」という旨まで宣告される始末。(※バレ反転)
少々手間はかかるけど、支配ENDは真ENDを迎える前に済ませておくことをおすすめ。
個人的に欝ENDだとは思わないけど、人によっては尾を引くENDだと思います。

▼総合
前作は悪い例のキャラクターゲームだったが、今作は良い例のキャラクターゲーム。
適度な難易度で戦闘システムも悪くなく、ロード時間もまぁまぁ(プレイに差し支えないレベル)。
つなこさんの描くキャラクターはどれも愛らしく、ゲームとしてはライトに楽しめるJRPGだが、そこに昨今の業界事情を反映した色濃いゲーム業界ネタが織りまぜられている異色の作品。

限定版にはねんどろいどぷちに似たフィギュアも付いているので、そちらもおすすめ。

パープルハート(ネプテューヌ)とパープルシスター(ネプギア)

次回作が出たら、また手を出すと思います。
「四女神オンライン」をベースにしたオンラインタイトルもやってみたい。
難しい点も多々あるだろうけど、またゲイム業界で楽しめることを願って―――



関連記事

テーマ: ゲーム

ジャンル: ゲーム

ゲーム感想  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。