05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】 TOKYO GAME SHOW 2011(一般公開日:1日目&2日目) 

■TOKYO GAME SHOW 2011





◆開催概要
【名称】
東京ゲームショウ2011
【日程】
ビジネスデイ … 9月15日(木)~16日(金)
一般公開日 … 9月17日(土)~18日(日)
【時間】
10:00~17:00
【会場】
幕張メッセ千葉市美浜区中瀬2-1)
【入場料】
ビジネスデイ … 5,000円 (業界関係者のみ入場可能)
一般公開日 … 前売:1,000円、当日:1,200円



◆試遊タイトル
●SQUARE ENIX (SQEX)




▼[PS3] ファイナルファンタジーXIII-2

17日の最後に試遊。SQEXメンバーズの事前整理券に当選。

FF13-2はドラマチックさに磨きがかかった感。
戦闘中でも自然にイベントが挟まり、従来のコマンド選択以外にも特殊な操作を要求される時がある。
失敗すると大ダメージなど、今回TGSで試遊した人でないとわからないかもしれないが、アスラズラースのそれに極めて近い。
前作同様に一本道であるかどうかは不明だが、やはりストーリー重視でシステムが組まれているような印象を受けた。

試遊では最初に"透明な巨人"と戦闘。
戦闘中にイベントを挟みつつ、状況の変化にパラダイムシフト(旧オプティマ)で対応して難なく撃破。
プレミアムパーティで評判だった"一撃死"は強すぎて修正されたのかな?
その後はフリー行動できるようになり、街マップのような拠点からダンジョン(フィールド?)へシームレスに移動。
エンカウント方式がイマイチよくわからなかったけど、モーグリを使って先制を取ることが可能。
自分はそこでやたら硬い敵とエンカウントしてしまい、ガードを削っている間に試遊時間が終了。

▼[3DS] ブレイブリーデフォルト

17日の2番目に向かったら、試遊一番乗りでした。
"試遊"と言うよりは"AR体験映像"と称すべき内容で、ゲーム的な試遊ではなかった。
ゲーム内のイベント進行に合わせて、試遊エリアに設置してあるARマーカーにカメラを合わせてAR体験。
序盤に体験できた短いゲーム映像から感じた感想を述べると、やはりイメージは「光の4戦士」だった。

ARの動きを実体験し、物語の雰囲気やゲームデザインも個人的に好みだったため、予め予想していたよりも購買意欲が増した。
あと、やはり3DSにはAR推しで頑張ってもらいたいと思った。

▼[3DS] シアトリズムファイナルファンタジー
17日の3番目に試遊。わずかに列ができており、5分ほど待機。

TGS2011で最も想定外なほどに好印象だったタイトルがこれ。
「FFの音ゲーってどういうことなの」っていう第一印象だったシアトリズムは非常に面白かった。
ボタンひとつひとつのSEが攻撃音で、音のリズムに合わせて戦闘しているかのような感覚。
タッチペンを使う音ゲーであるため、従来のようなボタンのみを使うタイプとは一線を画している。
FF楽曲が好きで、タッチペンを指揮棒のように操り、ノリノリで戦闘したい人にはおすすめ。

同じような感じでDQバージョンなど、楽曲に秀でているタイトル版も出してくれると嬉しい。
「シアトリズムドラゴンクエスト」や「シアトリズムスターオーシャン&ヴァルキリープロファイル」などなど、"シアトリズム"シリーズなどと銘打って、いくつか出してもらいたいほど気に入った。



●コナミデジタルエンタテインメント (KDE)


▼[3DS] ラビリンスの彼方

17日の1番目に試遊。一番乗り。

「○○みたいなゲーム」という例が思い浮びにくい、比較的新しいタイプのタイトルだと思う。
慣れてないからだろうか、いろいろと操作感が引っかかった。
移動はよくあるダンジョンタイプのそれで、上下を含め、一人称視点で全体を見渡せる。

戦闘はシンボルエンカウントではなく、移動からそのまま戦闘に入るシームレス。
グラフィックはトライエースらしくハイクオリティだけど、戦闘に関しては特に目立った印象は感じられなかった。
赤・青・緑の属性3すくみで、一定の距離から攻撃が可能。
ジャンルが「ダンジョンRPG」であるため、従来のトライエース作品とは全く異なる点には注意。
気になっている人には続報を待ちつつ、じっくりと検討・判断してもらいたい。

あと、仲間キャラクター同士の会話セリフに「ネットユーザーらしさ」を感じる。
2chネタやネットスラングなどと呼ぶほどではないが、雰囲気が何と言うかアレ。

▼[PSP] 英雄伝説 碧の軌跡

購入予定なので試遊はせずに無料配布のみ受け取り。
バッグは大きくてそれなりに強度あるし、入口付近で配ってるし、みっしぃ人形も欲しかったしで、いろいろ大活躍。

しかし、LEDライト付バッグに割とサイズある人形のセットを無料配布。
ユーザーからしても、「ずいぶんと儲かってるんだなぁ…」と感じてしまうほどの豪華無料配布。
会場内で多くの人がLEDチカチカさせながら歩いていました。



●セガ (SEGA)


▼[3DS] Project mirai(仮)
17日の4番目に試遊。15分くらい待ったかな。

3DSミクは姿形こそ違うものの、やってることはPSP版のそれと大差ないと思った。
円形のラインに配置されている「A」「B」に合わせて、時計回りにカーソルがあったタイミングでボタンを押していく。タッチペン操作ではない。
3DSはPSPよりもボタンが少ないためか、難易度はPSPのDIVAよりも優しくできていると思う。

あと、やっぱりすごくかわいい。ねんどろミクさんやばい。
3DSミク試遊しながら、ニヤニヤしてたのはわたしです。

ブース近くにいた気ぐるみも可愛かった!

ミクのうちわは隣の"DIVA-extend-"と共に無料配布。
Aimeカードとステッカーは試遊特典でした。

▼[DS] ぷよぷよ

3DSミクのあと、ちょっと時間が空いたので待ち時間45分に凸。
17日はこの辺りで1030頃。スムーズに試遊できるタイトルは限られる時間帯。

発売済のタイトルなので、試遊する予定は無かったんだけど……

試遊特典の「ぷよぷよヨーヨー」が予想以上に大きくて可愛くて欲しくなってしもうた。
欲しくて凸ったから良いんだけど、その後の行動でかなりの荷物になってしまいました(ノ∀`)
そういえば、ステッカーもらえなかったなぁ…(´・_・`)

▼[PS3] バトルフィールド3

17日のFF13-2の前に試遊。最初に行った時は入場規制がかかっており、整理券が配布されていた。

BF3はキャンペーンモードの試遊。
画面が綺麗過ぎて敵の認識が遅れました/(^q^)\
FPSは言うほど上手くできるわけじゃないけど、マルチプレイがメインだと思うのでそっちの方が気になるところ。
試遊ではできなかったけど、乗り物にも乗ってみたかった。
マルチプレイ可能な体験版が出てくれると嬉しいんだけどなぁ…

試遊特典のドッグタグ。

▼[PS3/360] ロボティクスノーツ

5pb.スタッフがパンフレットやタイトルロゴのシールを無料配布。
ともみん発見。なんかもう完全に覚えてしまった。アスカさんもいたっぽい?
アフィリアも何人かいたみたい。



●バンダイナムコゲームス (BNG)


▼[PS3] 機動戦士ガンダム EXTREME VS.

日本ゲーム大賞2011フューチャー賞。
18日のアイマスイベント直後、15:00頃に試遊。

自分はAC版には手を出していない移植待ち勢。
使った機体はNEXT PLUSでも使っていた「V2」。
コントローラの設定を変えてプレイするタイプなので、デフォルト設定にちょっと戸惑ってしまった(´・_・`)

試遊はテスト版アーケードモードのノーマル・ノーマル・ボス戦の3ステージ。
ボスはディビニダド。アドラステアと戦ってみたかったなぁ……
12/1が待ち遠しい!



●カプコン (CAP)

カプコンだけパンフレットもらい忘れてしまった…(´・_・`)

▼[PS3] アスラズラース
18日にVitaの後、PS3版を試遊。
日本ゲーム大賞2011フューチャー賞。

カプコン×サイバーコネクトツーの新作。
個人的にあまりプレイしない感じのタイトルだったけど、面白いと評判だったので試遊して来た。
普通にアクションで攻めて、敵の大技時にFF13-2のようなイベントが挟まり、大ダメージを受けたり与えたりした感じ。
イベントの勢いと迫力が本当に凄まじかった。好きな人は大好きなタイトルだと思う。


パンフレットと試遊特典。

▼[360] ドラゴンズドグマ

18日にアスラの次に試遊。
PS3版よりも待ち時間10分ほど短かく試遊できたので、360版で試遊。

モンハン要素を取り入れたRPG的な印象。。
様々な操作ができる反面、操作系はやや複雑でとっつきは難しそうに感じるかもしれない。
でも、実際プレイしてみると操作系は極めて自然で、これまた思っていた以上に面白かった。
2012年初頭発売予定で、多人数ネットワーク対応。
オンラインタイトルなので長期プレイ必須だけど、今回試遊で購入意欲が沸いたタイトルのひとつ。



●ソニーコンピュータエンタテインメント (SCE)


▼[PSV] ロードオブアポカリプス

18日の整理券確保後、一番最初に向かいました。
ゲームの試遊の前にPSVitaの簡単な操作説明とデモンストレーションがあったため、少々思っていたよりも時間がかかった。
デモンストレーションの内容はタッチ操作やフリック操作で、先のSCEカンファレンスを簡略化したようなもの。

初めてPSVitaに触りました━━━━(゚∀゚)━━━━!!
画面の液晶側は真平らで、とても傷つきやすそう。プロテクトシートは必須。
グラフィックは綺麗過ぎて、もはや据置機と大差ないレベル。
PSPの発表時にも驚いたけど、それを遙かに凌駕する衝撃。
サイズはやはり大きく、持った瞬間にPSPとの違いがわかるほど。
L/Rボタンの前後の遊びはPSPのそれよりも少ない。
十字キー、スライドパッド、各ボタンの操作は違和感なし。
背面タッチパネルもやはりそのままではやや不安なので、何らかのアクセサリは欠かせないと思う。

LoA自体の試遊感想は、個人的にはまずまずといったところ。
思っていたよりもティンと来なかったというところが正直な感想。
ゲームデザインは好みなんだけど、地獄の軍団の方が面白そうに見えたかもしれない。
マルチプレイ可能だし、Vitaのロンチタイトルとしては良い線行ってると思う。



●マイクロソフト (MS)

※ブース画像撮り忘れorz

▼[360] 黄金夢想曲X

18日のちょっとした空き時間に試遊。
待ち時間ほとんど無く、すぐに試遊できたのは嬉しかった。
"うみねこのなく頃に"のタッグ型対戦格闘。
使用したキャラは「縁寿」と「紗音」。
「やっぱり360コントローラで格闘ゲームは厳しい」と改めて思いました。



●アークシステムワークス (アーク)


▼[AC] ペルソナ4 ジ・アルティメットイン マヨナカアリーナ
非常に混雑していたので、実機でのプレイを眺める程度に留めました。
整理券もなく、150分待ちだったとかどうとか。
試遊するなら隣の会場で開催されていた、AMショーの方がおすすめだった様子。



◆参加イベント
●一般公開日:1日目(17日)
▼THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 02

【12:00-13:00】【8ホールステージ】【整理券】
送信者 イベント用:TGS

歌った曲は全6曲。

『READY!!(全員)→(イベント)→キラメキラリ(仁後・長谷川)→Little Match Girl(原・浅倉)→おもいでのはじまり(中村・平田)→【新曲】CHANGE!!(TVサイズ)(全員)→THE IDOLM@STER 2nd-mix(全員)』

イベントは主にPS3版アイマス2とG4Uの紹介。
G4Uは実際に操作してのデモンストレーション。
出演者2組×3チームに別れて、ピンナップの撮影。

中村・平田 → 真
仁後・長谷川 → やよい
原・浅倉 → 貴音

キャラクター選択は上記の通り。
ζ*'ヮ')ζキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
仁後ちゃん、アッキーナイス!

その場でコンテストを開催して、"原・浅倉組(貴音)"がトップ。
後日、その画像がWEB配信されるとか。

また、第2クールからアニメOPが変更になるらしく、新曲「CHANGE!!!!」の初披露。
TVサイズだったけど、また盛り上がっていけそうな仕上がりでした!
最後にいつものをやって終了。

▼ロボティクスノーツイベント
【15:10-15:40】【SEGAステージ】

FF13-2の試遊が早めに終わったので、途中参加。
ステージの社長を眺めていたけど、用事ができたため途中離脱。

▼東日本大震災復興支援チャリティーオークション
【16:00-17:00】【8ホールステージ】
今回は個人的にめぼしいものが出揃わなかった感じ。
名越さんのサイン入り雀牌とボカロ声優のサイン入りポスターはちょっと欲しかったけど。
18日に期待しつつ、17日は終了。



●一般公開日:1日目(18日)
▼テイルズオブスペシャルステージ
【10:30-11:30】【BNGステージ】

隣のCAPブースでドラゴンズドグマの試遊待ちしながらステージが見れた。
テイルズ無双やTOIRのプロモーション、TOXインタビューなどなど。
安定の司会、小野坂さんでした。

▼セブンスドラゴン2020イベント
【11:40-12:10】【SEGAステージ】
コンポーザーを呼んでのインタビューなど。
用事ができてしまったため、途中抜けるカタチになってしまった(´・_・`)

▼フロンティアゲートスペシャルステージ
【12:00-13:00】【KDEステージ】

マルチプレイのデモンストレーション。
やっぱりマルチプレイあってこその面白さだよなぁ、とコナミの先行体験会で感じたことを再認識。

▼THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 03
【14:00-14:45】【BNGステージ】【整理券】

EVENT02同様、PS3版アイマス2の紹介。
ここでは体験版の準備をしているとの発表。詳細は続報待ち。
ライブパートは今回多めの5曲。

『いっぱいいっぱい(若林)→arcadia(今井)→ポジティブ!(下田)→七彩ボタン(全員)→READY!!(全員)』

いっぱい×2にarcadiaなど、初っ端からライブ向けの曲がガンガン来た点に驚いた。
あさぽんのポジは久々だったし、竜宮新曲を聴けたのは嬉しかったなぁ……
最後にいつものをやって終了。


自分の整理券は35番で、17日のイベントよりもステージが近く、並んだ位置はステージから2列目。
こんなに間近でガールズを見られたのは初めてだったけど、隣のやたら大きい人に何度も視界を遮られてしまった('A`)

この件で改めて改めて感じたけれど、"この件以外でも"最近はアイマス民の行動に疑問を感じる事が多い。
Twitterやmixiなど、普段から仲の良い身内には優しいけれど、そうではない人に対しては問題あるような行動が目立つ。
自戒の意味も含めて、みんな改めて考えて欲しいところ。

▼東日本大震災復興支援チャリティーオークション
【16:00-17:00】【8ホールステージ】

お宝が2つ増えました!


戦場のヴァルキュリア3セット(May'n部長のサイン入り販促ポスター、主要キャラ3名の声優(中村悠一さん&遠藤綾さん&浅野真澄さん)色紙、キャラデザ本庄雷太さんサイン入り書き下ろしアクリルパネル)。


伊藤賢治さんサイン色紙。

つなこさんのネプテューヌ2サイン色紙も欲しかったんだけど、最後のじゃんけん(勝てばゲットできる状況)で敗北。
色紙のイラストがプラネテューヌのパープル姉妹(パープルハート様×パープルシスター)で上限金額でも欲しかった。
最終的にどんはん君のTシャツ来てた方がゲットしたので、気が狂うほど欲しかったけど、転売屋らしき人に回らなかったのは幸い。
戦ヴァル3セットの後だったので見送ってしまったけど、TOXの販促セットも欲しかったなぁ…
実際にオク参加するのは初めてだったけど、お金の感覚が狂いそうで危ないですね(^q^)



TGS2011。
今回もまた「購入検討中のタイトル」を中心に試遊。
そのためもあってか、持っていないハード(3DS)を中心に試遊した感じ。

【今回の出展で気になった購入未定タイトル】
<購入検討>
・[3DS] シアトリズムファイナルファンタジー(SQEX)
・[3DS] ブレイブリーデフォルト(SQEX)
・[PS3] ドラゴンズドグマ(CAP)
・[PSV] GRAVITY DAZE(SCE)
<要確認>
・[PS3] デウスエクス(SQEX)
・[PSV] 地獄の軍団(SQEX)
・[PSV] 王と魔王と7人の姫君たち(KDE)
・[PSV] テイルズオブイノセンスR(BNG)
・[PSV] 墨鬼(アクワイア)
・[PSV] Ragnarok Odyssey(ガンホー)

シアトリズムとブレイブリーのため3DSがちょっと欲しい。
ラビリンスの前に、ピンク買っちゃうかどうか悩んでいるところ。

あと、今回はGREEが初参加。
そのためかどうなのかはっきりとわからないが、GREEブース周辺では金髪ピアスの見るからにアレな連中が目立った。
列を無理やりかき分けて進んだり、裏で明らかに絡まれてる人がいたりなど、そういう状況を目にしたのもGREEブース周辺。
特定ブース周辺でのみこういったことが多いと、やはりそういう層がメインなのかと感じてしまう。

と、妙なこともあったけれど、今年も思いっきり楽しめました。
1年間365日、毎年TGSを楽しみに生きています。
今からまた来年が楽しみです。
関連記事

テーマ: ゲーム

ジャンル: ゲーム

ライブ・イベント  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。