05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】 『ラビリンスの彼方』先行体験会 

■[3DS] ラビリンスの彼方





ジャンル … RPG
対応機種 … ニンテンドー3DS
開発元 … 株式会社トライエース(以下、AAA)
発売元 … 株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、コナミ)
発売日 … 2012年1月19日
価格 … 5,800円
人数 … 1人



コナミ×トライエースの完全新作第二弾。
「ラビリンスの彼方」の先行体験会に行ってきました。

コナミ直営店舗の"コナミスタイル"で集合/受付した後、スタッフに誘導されてコナミ本社内へ移動。
会場まで流れは前回のフロンティアゲートの時と同じ。


体験会の会場、試遊環境諸々前回と同じで本当にゆっくりとプレイできた。
座席数は前回よりも少なく、4人掛け×7卓で計24名(1卓は空席、後述)。
応募者数は企業秘密だけど、選ばれし24名は応募の際の「熱い思い」を基準に選ばれたとか上手いことを言われる(ノ∀`)




タイムスケジュールは今回メモ取らなかった。
前回同様、軽い諸注意の後プレイ開始。
とりあえず、14時頃までフリープレイ。
休憩を挟んで、AAAの勝呂Dによるゲーム解説。

<勝呂Dメモ>
・セーブはこまめに取りましょう
・アイテムはどんどん使用しましょう
・少女の服装をエディット実演
・ぱんつの色もエディット可能←【重要】
・ゲームテクスチャと同等の色がいじれる
―― 少女の服、絵師さんの本気を見てみたいw

エディット専用の試遊機が1卓用意されており、各自席を立って自由にプレイ可能。
そこからまた16:50までフリープレイして、終了。
という流れ。
「ラビリンスの彼方」はフロンティアゲートみたくマルチプレイがあるわけじゃないから、会場は「しーん…」と静まり返って黙々とプレイしてた。
ヘッドフォンも黙々プレイに多大な影響を及ぼしたと考えられますw






「ラビリンスの彼方」は世界観などのゲームデザインが秀逸。
桜庭統氏による神秘的なフィールドBGMに、高まる戦闘曲。
ベースダンジョンは「遺跡」(体験会とTGSで試遊できたエリアの場合)。
加えて、ICOのような「なんとかしてあげたい」的な謎の少女。

…個人的に素晴らしくツボを突いたゲームデザインであります(;゚∀゚)=3ムッハー


AAAお得意の戦闘は、考えさせられるタイプのターン制コマンドバトル。
ターン制のコマンドバトルではあるものの、これまたなんとも一言では説明しづらい仕様になっております。
主な基本仕様は世界樹やウィザードリィのようなダンジョンタイプの潜りゲーに、空の軌跡のような行動順が見えるアレを加えた感じ。
攻撃ボタンはAボタンのみでスキル等は一切無し。数段階の強弱を付けてAボタンで叩くのみ。
その他、グーチョキパーのトライアングル属性、お供の少女のマジックストック(簡単に言うと、攻撃すればするほどダメージが上がるシステム)など。
回復は基本的に弱点属性で攻めた時に溜まるポイントで回復、その他ダンジョン内のポイント(敵を倒したら出るタイプのものもある)でのみ回復。使うだけで回復するアイテムはあるのかな?

戦闘は「弱点属性」と戦闘の「流れ」がキーポイント。
常に回復しつつ常に弱点属性で攻められる流れを意識して戦うとラクになる。
仲間が瀕死状態になってから回復しようと戦闘の流れを調整しても間に合わない事も少なくない。
戦いの流れを取るか、取られるか。

…なんと言うか、触ってみないとわからない感じはAAAらしいと言うべきか(ノ∀`)
この点は新しいタイプのAAAタイトルの良さでもあり弱点でもある。

難易度は「NOMAL<HARD<SUPER HARD<ULTRA HARD<HYPER HARD」の5種。これらはゲーム中に変更が可能。
セーブタイミングは「ダンジョン内のセーブポイント」と「マップ移動時」。


ラビリンスの彼方の私的物欲キーワードは

「神秘的な音楽」

「遺跡ダンジョン」

「なんとかしてあげたい謎の少女」


この3つ。
ヘッドフォンでプレイすると、文字通り「ラビリンスの彼方」へと惹き込まれる。



※その他
ダンジョン途中でHP3000もある「ハガネコダマ」とエンカウント。
その他MobのHPがおおよそ300程度の中では、なかなかの大物。
途中判断を誤って、2名ほど落ちちゃったけどなんとか討ち取った。


今回の体験会ではこの辺まで進められました。
前述のハガネコダマと階層をまたいだエリアで時間を取られてしまった。


体験会のおみやげ。
今回もまたゲームソフト2本という太っ腹っぷり。

が、パワプロ2011は持ってるよおおおおおお!
で、できるなら決定版を……とか言いつつ、パワプロの紙袋は何気に嬉しかったり(∩´∀`)∩ワーイ



関連記事

テーマ: ゲームニュース

ジャンル: ゲーム

ライブ・イベント  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。