05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑感】[PSV] GRAVITY DAZE 初回プレイ感想 

■[PSV]GRAVITY DAZE



【発売日】 2012.02.09(木)
【発売元】 Sony Computer Entertainment
【対応機種】 PlayStationVita
【ジャンル】 アクション
【オンライン】 ネットランキングあり
【CERO】 C
【その他】 メモリーカード必須



2/9発売のSCE新作タイトル。
PSV及びロンチタイトル発表以後、最も期待されていたであろうタイトルのひとつ。

3次元空間のステージでマルチタッチスクリーンやジャイロセンサーを使うという、シンプルでありながら本格的なアクションゲーム。
現在のPSVタイトルの中では最も「Vitaらしい」タイトル。
―― ロンチタイトルだったら、PSVの世間的にもより良く認識されていたと思う

ストーリーは章展開で、初日プレイは第五章まで進行。
基本的にアメコミ風のイラスト展開。アメコミ画面はジャイロで少し動かせたり。
ストーリー展開や台詞回しなどもACTらしく、飽きさせない流れで良い感じ。
ACTにありがちな、下手な縛りミッションがあるわけでもないあたりも良い。

舞台は宙に浮いた街で、文字通りその街すべてがアクションステージ。
床も壁も天井もすべて歩けるため、無茶な軌道をしていると方向感覚を失いがち。
宙に浮いた街の裏側(街の土台になるような部分)も歩ける。
―― デバッグが大変そうだと思いました……
街から一定距離離れると強制的に戻されるので、重力的迷子になったら落ちるのもあり。

攻撃などのアクションはボタン操作と画面タッチといろいろ。
「画面フリックで緊急回避→アタックボタン=カウンター発生(強攻撃)」など、タッチとボタンを組み合わせたやり方なんかも。
移動についても基本的にはスティックとボタン操作だけど、タッチによる移動アクションなんかもあり。
無理が無い程度にハードを活用した作りになっている。

体験版も出ているので、気になった人はまず試してみよう。



関連記事

テーマ: 新作ゲーム

ジャンル: ゲーム

ゲーム雑記  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。