09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 

■劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's


⌒*(・ヮ・)*⌒

当方、なのはスキーになります。なの派です。
よって、感想は少し偏ってるかもしれません。


序盤はとても良かったと思います。
導入からなのは&フェイトのリンカーコアが蒐集されるあたりまで。

中盤は八神家が念入りに描かれ、リンディさんに驚かされた。
ヴィータの心象がとてもよく描かれていたと思います。

終盤はTVAを踏襲して、演出の勢いで圧した感じかな。
盛り上がる終盤で新鮮味がほとんど感じられなかったのは残念。

……というのが、正直な感想。

A'sだし、なのはさんの活躍が減るのは仕方ない。それは分かってる。
でもね、数少ない見せ場なら見せ場なりにもう少し演出を強くお願いしたかった。

自分は「劇場版」なら【無印派】、そして「A's」なら【TVA派】かなって思いました。
もちろんBDは買いますけどね!


お次は、なのはさんの出番がさらに少なくなったStS!

【劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd StrikerS】

タイトルはこんな感じですかね!
劇場版「少し頭冷やそうか」と、ビット飛ばしつつ壁面ぶち抜く超砲撃のなのはさんに期待!



劇なのA'sは全体的に「ヴィータ推し」であるように感じた。
ヴィータちゃんのカッコ良さと可愛さの印象が強い。
ヴィータスキーは劇場へ見に行くべき。

序盤の問答無用で戦闘開始、回り込みからのぶっ飛ばしがカッコいい。
ラケーテンぶん回し(され)から来る、バリアのぶち抜きも見事な迫力。
ただ、終盤のラスト。ギガントの細い部分はどうにかして欲しかった。
TVAでも感じたけど、重量感もあまり感じられない上に、違和感もスゴイ。
劇場版「高町にゃのは」が無かったのは残念だけど。



プロローグはリインの語りから。
劇場版しか見ていない人や、TVA版A'sとStrikerSを見ていない人は、エピローグでのリインIIのサイズに驚いた人もいそうだ。

戦闘シーンはまさに劇場版クオリティ。無印同様、見事なバトルっぷり。
終盤は海上で、どこの戦闘機だってくらい派手に空戦を展開。

序盤になのはとフェイトのリンカーコアがほぼ同時に蒐集されるあたりは違和感無かった。
フェイトの瞬間的な反応から来るシグナムのぶった斬りも迫力ありました!

いきなり2人まとめて蒐集されたのは時間の関係だろうけど、上手くまとまっていたので良いと思います。
劇場版ならではのこういった構成が見たかったので、個人的には大満足!

シャマルさんがなのはのリンカーコアを掴むシーンが消えてた。

「あっ、間違えちゃった(・ω<)」

劇場版であの、ちょっと、なんとも言い難い絵面は見たかった……(ノ∀`)
その代わりと言って良いのかどうなのか、ザフィーラと一緒に登場して細いバインドでアルフを締め上げる様はカッコ良かった!


八神家に関しては全体的に良く描かれていた。
むしろ、描かれ過ぎていた……とも言えそうなくらい。
特に、ヴィータの心象はとてもわかりやすく仕上がっていた。
ヴォルケン召喚時のシーンはもう少し端折っても良さそうだったかも。

時間の関係だろうけど、グレアムさんの絡みをバッサリ切ったのは英断だったと思う。
八神家の財源については「親がたくさん蓄えを遺してくれた」という旨を劇中で確認。
一言で終わってしまった。
もちろんリーゼ達も出ないまま。


リンディさんがデバイス持って、まさかの前線に!

そして、ヴォルケンと対峙!


Σ(゚д゚)!?!?

劇なのA'sで最も驚いたところがこのシーン!
そりゃもう、思わず「ガタッ」っとなりそうになったほど!


劇場版クオリティで演出面はいろいろと派手になっているものの、終盤の描き方はほぼTVAのまま。
闇の書の意思に取り込まれたフェイト&はやてのシーンからトリプルブレイカーに至るまで。
いくらTVAで評判が良かったからとは言え、このあたりはさすがに踏襲しすぎだと思った。

そこで、気になったのはエクセリオンバスターA.C.Sのところ。
なのはの数少ない見せ場だし、劇場版でさぞやド派手に仕上がっているのだろうとワクワクしていたら、意外とそうでもなかった(´・ω・`)
あのシーンは射出時に爆発的なスピード感を出すだけで劇的に変わると思うの。
片手で闇の書抱えているけど、闇の書の意思も貫通シーンは両手でバリア張る感じでひとつ。

そして、さらに気になったのはTVAでの名言が削除されていたこと。

「お前もその名で私を呼ぶのだな」

「せやけど、それはただの夢や」


重く響くこのふたつの言葉が無い状態で、TVA版と同様の描き方だった終盤は、どうにも想いが強く感じられなかった。

リインフォース命名からはやて覚醒のシーンはやはり「Snow Rain」。
ここはやはりこの曲で良いと思うけど、曲のアレンジはもう少し濃いと良かったかなとも思う。

戦いが終わったあとの経過で「Spiritual Garden(inst)」が流れた点は感動しました。


終盤、TVAの流れをそのまま描いたのはどうしてかな。
ファンの間で神格化されるほど評判が良かったから、下手に変更しない方が良いと判断したのかな。
業界的にも大きなコンテンツなので、安易な判断ではないのは確かだろうけど。

劇なの1stはTVAを踏襲しつつ、劇場版として描いた構成がとても見事だった。
その辺りをA'sにも期待していた身としては、終盤が少々残念だった感じは否めない。


あと、序盤の展開で察してはいたけれど……
TVAであった、ヴィータがなのはと対峙した際、ヴィータがアイゼンゲホイルで距離を取った直後、なのはがぶっ放す長距離砲撃のシーン。

「まさか、この距離から……!?」

A'sになって、ただでさえ出番の少ないなのはさんの活躍の一場面は消えていた(´・ω:;.:...
物語に欠かせないシーンではないけれど、個人的には街中でもいいから取り入れて欲しかったなぁ……

なのはがフェイトの前に出て闇の書の意思の初撃を防御するシーンはしっかり入っていたね。
今度はTVAのA'sを見なおしてから、改めて劇場版を見てみたいなー。

さて、2回目はいつ行こうか。



関連記事

テーマ: アニメ・感想

ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。