09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】科学アドベンチャー祭 2012 SUMMER 

■科学アドベンチャー祭 2012 SUMMER

【日程】2012年7月21日(土)
【時間】0900~1800
【場所】ベルサール秋葉原
【概要】ライブトークラジオ公録

当日の朝は曇っており、あいにくの天候。
その影響もあってか、10時頃に現地到着してもステージイベントの待機列には問題なく並ぶことができました。

「物販」→「ライブステージ」→「トークイベント」。
こんな感じで10時頃から16時頃までベルサール秋葉原に入り浸っていました。
久しぶりにホビーロボットも触りたかったけど、私用の都合で今回は見送り。公録も。



◆物販回収品
・『ROBOTICS;NOTES』ビッグタオル 神代フラウver.
・『STEINS;GATE』うーぱ耳かき(ゴールド)


まずは売れ行き上々だったらしい、フラウのビッグタオル。
タオルを言うよりはブランケット。サイズは800×1400mm。

もふもふしてます。
クンカクンカしてスリスリしてデュフフが可能ヽ(*゚д゚)ノ

そして3,000円の耳かき。
過去に販売された15,000円の財布に続いたトンデモグッズ(?)。
15,000円はさすがに厳しかったが、コチラは面白半分で手を出してみた。


購入して開けてみたら、なるほど金属製。
長さは110mm程度で耳かきとしては短め。
頭に小さいうーぱが付いています。

あと、アニメイトで売ってるMOVIC製のモノを数点。
ICカードケースなど、日常的に使用してガタが来ていたものを購入。
このあたりはアニメイトなどで普通に購入できます。

スコールも売っていたので手を出してみた。

購入したタイミングでは「おまけ」は無くなっており、値段も「200円→150円」に下げての販売でした。
ロボノをプレイしてから、デザイン的に近いスプライトをスコールと見間違えてしまう(ノ∀`)



◆ライブステージ
Live5pb.やアニサマを含め、科学ADV関連のイベントを追っかけている我が身。
『ROBOTICS;NOTES』プレイ後ということもあって、いとうかなこさんの「空の下の相関図」とZweiの「拡張プレイス」は聴けて嬉しかった。

▼いとうかなこ

ライブステージ出だしは「Hacking to the Gate」でいとうかなこ。
軽いMCの後、『ROBOTICS;NOTES』グランドEDテーマの「空の下の相関図」を披露。
科学ADVシリーズではPC版『CHAOS;HEAD』からずっと馴染みのあるアーティスト。
今秋発売のPS3版『CHAOS;HEAD』の主題歌も気になりますね!

▼nao

なおすん。
個人的には『超次元ゲイム ネプテューヌ』シリーズなどでも馴染みのあるアーティストでもある。
『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu』の主題歌、360版「シンクロしようよ」とPSP版「フラグ立てようよ」を披露。
PS3版の主題歌もやはりnaoが担当する模様。

▼アフィリア・サーガ・イースト

360版『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』主題歌「La*La*Laラボリューション」とPS3/PSP版の「禁断無敵のだーりん」を披露。
あの狭いステージであんなに大勢で登場して派手なパフォーマンスができたなぁ、などと。
最近、アフィリアのライブが気になってる我。

▼Zwei
Zweiは『Memories Off ゆびきりの記憶』から追っかけている、お気に入りアーティストのひとつ。
\わっしょい!/

これの掛け合いも、既に説明がいらないくらい認知されて来ている。順調だ。

オリジナル曲の「MONSTER」と『ROBOTICS;NOTES』主題歌の「拡張プレイス」を披露。
「拡張プレイス」を初めて聴いたのは「Live5pb.2011」で、2回目はACE2012のライブステージ、そして今回で3回目。
『ROBOTICS;NOTES』発売からプレイ後に生で味わったのは今回が初めてで、いろいろと感慨深くなった。
今後は8月のアニサマでさらに4度目、秋の科学ADVライブとLive5pb.2012でおそらく5~6回目となると思われ。



◆科学アドベンチャーシリーズトークイベント
【出演】南條愛乃、松原達也、林直孝、和田丈嗣(Production I.G)
【欠席】志倉千代丸(病欠)

トークの前半は、過去に雑誌などのインタビューで掲載された内容とアニメについての内容が主。
南條さんのロボノ語りは長く感じたけど、その分の熱が入っていてとても印象が良かった。

その他C82にて先行発売される「STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ」についての概要紹介。
そして、次回作についてのメッセージが公開。

▼アニメについて

ゲームの開発段階から絡みがあり、開発陣とJAXAの打ち合わせにアニメスタッフも同席するなど、事前からかなり密なやりとりがあった模様。
その甲斐あってか、ティザービジュアルやPVは非常に好印象。
ロボノアニメには純粋に期待したい。

ただ、和田氏が「ゲームのロボノはまだ序盤」と発言していた点が非常に不安。
できることなら、やはりロボノアニメ制作に関わる全ての人にゲームをプレイしていただきたい。
ゲームをプレイしないと分からない点は絶対にある。
その辺りをにわかな半端知識で制作されると「コレジャナイ」感が強く出る。
世間的には概ね好評だったようだけど、個人的に「コレジャナイ」感全開だった『TVアニメ「STEINS;GATE」』の再来はやめて欲しい。

※蛇足
『TVアニメ「STEINS;GATE」』でイマイチだと感じた点は「キャラクターデザイン」と「各話構成」。
『TVアニメ「STEINS;GATE」』から大して間を置かずに放映された『TVアニメ「ブラック★ロックシューター」』はとても良くできており、同じhukeさんのデザインだとは思えない。
キャラクターデザインで言えばこの違いは明確。
アニメ絵のベタ塗りで、特徴あるhukeデザインが殺されていた。
「構成」は何度もゲームをプレイした身からすると、各話ありえないタイミングで切っている。
あと少しだけ詰めればキリが良くなるような回もあれば、何故かどうでもいいところで切ったりする回もあった。
ゲームをプレイせず、テキストやプロット上から組み上げたのが見ていて感じ取れるレベル。


▼科学ADVシリーズ第四弾について
・タイトル未発表
・サイコでサスペンスでミステリー
・『ROBOTICS;NOTES』とは真逆の作風
・ストーリーの概要は既に決まっている
・『CHAOS;HEAD』と同じ「渋谷」の背景画像


11月発売のPS3版『CHAOS;HEAD』は『ROBOTICS;NOTES』において存在をアピールしたあたりからの、移植を兼ねた繋ぎだと思っていたけど……
次回作で「渋谷」が絡むということは、MAGES.側に立って考えると、この移植すらも次回作への布石であると言える。

従来の流れ通りであるならば、『ROBOTICS;NOTES』のファンディスクも発売されるはず。
タイトルは未発表だけど先日の千代丸氏のつぶやきにあるように、『ロボちゅっちゅ』みたいな何かが来るはず。
この辺りはおそらく「科学アドベンチャーライブ2012」、「Live5pb.2012」あたりで経過と続報が来る。

これまでの科学ADVシリーズ発売時期はこんな感じ。
『CHAOS;HEAD』はやや特殊なのです。360の『NOAH』が科学ADV。

CHAOS;HEAD(PC)           2008.04 ※科学NVL
CHAOS;HEAD NOAH(360)        2009.02 ※科学ADV第一弾、分岐ルート追加(ADV化)
STEINS;GATE(360)          2009.10 ※科学ADV第二弾
CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu(360)    2010.03 ※ファンディスク(科学ADV第一弾)
STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(360) 2011.06 ※ファンディスク(科学ADV第二弾)
ROBOTICS;NOTES(PS3/360)       2012.06 ※科学ADV第三弾、当初は2012初頭発売予定

過去の発売ペースと、既にある程度開発が進行している旨の発言から察するに……

【今後の発売スケジュール私的予想】
2012年10月:TVA「ROBOTICS;NOTES」放映開始(2クール~2013春まで)
2012年11月:PS3版『CHAOS;HEAD』+『CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu』発売
2013年春~夏:『ROBOTICS;NOTES ファンディスク(仮)』発売
2013年秋~冬:『科学アドベンチャーシリーズ第四弾(仮)』発売


イレギュラーが無ければ、第四弾は遅くとも2013年度には発売されると予想

楽しみだ!



関連記事

テーマ: ゲーム

ジャンル: ゲーム

ライブ・イベント  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。