05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】Anison Generation ~アニジェネ~ 

■Anison Generation ~アニジェネ~

【日程】2012.08.05(日)
【時間】開場15:00~開演16:00~終演20:30頃
【場所】国立代々木競技場 第一体育館
【出演】KOTOKO、ALTIMA、中島愛、ZONE、ALI PROJECT、fripSide、リトルブルーボックス、ABCHO、岸田教団&明星ロケッツ、PERSONA4 MUSIC BAND、ayami、栗林みな実、EGOIST、May'n
【座席】南スタンドF14-4(当日券)



“a-nation”とやらの一角で初めて開催された「アニジェネ」。
若干スポンサーに翻弄されてた感じはあったものの、初開催にしてはライブプログラムは良い感じだったと思います。

出演者は豪華で、セットリストも個人的に満足な構成(;゚∀゚)=3ムッハー
当日券の割にはステージが近く、自分の足元にある通路からまめぐが会場を覗いて来たり、華々しく部長が出てきたりして、なかなかの良席でございました!

ただ、客層が、客席が非常に残念だった。

まず空席が目立つ。
ライブが始まって観客が立つと、やや分かりにくくなるものの、座るとすごく目立つ。
コミケやアニサマを控えた色々と入用な時期での開催だったことも影響したのかな。

また、観客も観客で意識が低い。
この出演者陣に対してサイリウムを用意して来ている人が少なく、コールも入れずに腕振ってるだけ。
しかし、立って腕を振っていればマシな方で、終始座りっぱなしでステージを眺めてた……と思いきや、携帯をいじくる人も多数。何しに来た。

手前の女性は自分の好きなアーティストのステージでは\キャアアアァァ!!/と高ぶり、興味ない/知らないアーティストのステージではライブ中にも関わらず座って携帯をいじっていた。これが「良い方」であるという具合。

こんな空気を察してか、2番手の「ALTIMA」で登場したmotsuさんが会場を暖めようと頑張ってくれていた。
それを冷めた目で見ていた人もそれなりに。会場にいるだけで稼げちゃうサクラか何かでしょうか。

一般向けのアニソンイベントと称すには、ややオタ寄りのアーティスト&セットリスト。
方向性はイマイチよくわかりません。




■セットリスト


▼KOTOKO

01.Light my fire/灼眼のシャナIII
02.shooting star/おねがい☆ティーチャー
03.agony/神無月の巫女
04.→unfinished→/アクセル・ワールド


初手KOTOKOでシャナキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
でも、コールがちょっと弱いよっ!!
「Light my fire」は然るべき場所で披露したらぶっ飛ぶほど盛り上がるのに!

おねティ10周年ということで「shooting star」は久しぶり。
神無月の巫女の「agony」を挟んで、アクセル・ワールド1期ED「→unfinished→」!



▼ALTIMA

05.CYBER CYBER/アクセル・ワールド
06.-indefinitely-/灼眼のシャナIII
07.Burst the gravity/アクセル・ワールド


曲の前にmotsuさんがコール&レスポンスで会場を暖めようと、

\CYBER!CYBER!/

するものの、予想外に盛り上がらない客席。こりゃダメだ。
これがアニサマだと元気いっぱいなレスポンスになるんだろうなー。
今月末が楽しみだ。



▼中島愛

08.TRY UNITE/輪廻のラグランジェ
09.Hello!/輪廻のラグランジェ
10.マーブル/輪廻のラグランジェseason.2
11.星間飛行/マクロスF


まめぐは可愛いなぁ!
マクロスF初期の頃を思うと感慨深くなる(ノ∀`)
KOTOKOがステージで披露している時に、客席へ繋がる扉からひょっこり顔を覗かせてました。
よく見えなかったけど、扉は自分の足元だったもんで驚いた(∩´∀`)∩



▼ZONE

12.secret base ~君がくれたもの~/キッズ・ウォー3+あの日見た花の名前を僕達は未だ知らない
13.treasure of the heart~キミとボクの奇跡~


ZONEキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
なかなか生で見ることのできなかったアーティスト。
初めてであります!
最近だとあの花のEDでカバーしたのが有名。
MCはひたすら宣伝してた印象が強い。



▼ALI PROJECT

14.聖少女領域/ローゼンメイデン・トロイメント
15.凶夢伝染/Another
16.亡國覚醒カタルシス/.hack//Roots


「聖少女領域」、懐かしい!
薔薇乙女でアリプロを意識するようになった人も多いはず!
まだまだ新しい「凶夢伝染」は外せません。想定内。
そして3曲目、まさかの「亡國覚醒カタルシス」キタァァァァ━━━━ヽ(*゚∀゚*)ノ━━━━ッ!!
アリプロのセットリストは超我得。たまらん。
MCはそこそこに颯爽と撤収。さすが。



▼fripSide

17.LEVEL5-judgelight-/とある科学の超電磁砲
18.future gazer/とある科学の超電磁砲
19.only my railgun/とある科学の超電磁砲


からのfripSide!!
3連式超電磁砲はさすがの火力!否が応にも高まるってもんです!
アリプロからの、この3連が聴けただけでも参加して良かったね!
アニサマではナンジョルノがゲストに喰われてたからなぁ……
関係無いけど、ロボノ効果でジョルノのMC中は脳内にアキちゃんが降臨してた。



▼リトル・ブルー・ボックス

20.1ドリーム/ダンボール戦機
21.Brave Hero/ダンボール戦機W
22.三位一体/ダンボール戦機W


ダンボール戦機からの参戦。
アニメは数回見た程度だけど、ライブで聴くのは初めて。
アニメ映像があったこともあり、予想以上に盛り上がる感じで、印象はとても良かった。
この辺りからステージバックでスタッフがセッティングを開始。
そろそろP4来るかな?



▼ABCHO

23.目をとじてギュッしよ/戦国コレクション
24.空想ディスコティーク


個人的に守備範囲外のアーティスト。
戦コレも見てないからわからんですが、曲は良い感じだったと思いますの。
こちらもまたアニメ映像がありました。
この辺りでバックのスタッフがセッティングを終えた感じ。



▼岸田教団&明星ロケッツ

25.HIGHSCHOOL OF THE DEAD/学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
26.セブンスワールド


岸田教団キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
岸田教団は学園黙示録の曲しか知らないのだがしかし、この曲は一度ライブで聴きたいと思っていた曲!
美味しいガリがんばれ。



▼PERSONA4 MUSIC BAND

27.key plus words/P4A
28.Best Friends/P4U
29.Time for True Revelation/P4
30.Beauty of Destiny/P4A
31.Time To Make History/P4G
32.Reach Out To The Truth/P4


P4キマシタワ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

\目黒さぁぁぁああん!!/

アニサマにも出演する「PERSONA4 MUSIC BAND」。
アニジェネでもそうだけど、P4のアニメ化が評判良かったとは言え、ゲームが軸のユニットがアニソンライブに出演するのはなかなかに珍しい。
このP4をキッカケにゲーソンにも興味を持ってくれる人が増えると嬉しいなー。

そして演奏曲が多い!
他のアーティストが2~3曲であるのに対して、倍近い6曲をも披露。
個人的には嬉しいしありがたかったんだけど、他の人達からするとどうなんだろう。
そこのところが少し気になった。



▼ayami

33.Apocalypse of Destiny/トータル・イクリプス


TE挿入歌を披露。
公開処刑のようないっぱいいっぱいな感じ。
頑張った!頑張った!



▼栗林みな実

34.True 4 Eyes/トータル・イクリプス
35.signs ~朔月一夜~/トータル・イクリプス
36.マヴラブ/マブラヴ
37.Precious Memories/君が望む永遠


栗の子登場。
ばっちり映像も出して、age縛りで4曲。
栗でAGEが来ると思っただろ?思ったよ!
やはりスポンサーの影響は大きいな!'`,、('∀`) '`,、



▼EGOIST

38.Planetes/ギルティクラウン
39.The Everlasting Guilty Crown/ギルティクラウン


ステージ上に幕が下りてディスプレイにギルクライメージ映像。
1曲目は文字通りそれで終了。
間にいのりボイスでMCと言うかメッセージと言うか。ステージは暗幕。
2曲目が始まり、ステージ上にぬるぬる動く「楪いのり」が登場。

これはアレだ。
初音さんところのミクちゃんと同じようなやり方だ。
でも、これはスタンド席からだとキャラクターが見えない。
カメラからの映像も中距離過ぎて臨場感が無い。

EGOIST目当てでアニジェネに参加したけど、まさかのコレジャナイ感にサイリウム振るの忘れてたよ!
演奏が始まるイントロかと思ったらそれがすべてだった感。

演出はお金掛かってたよ!
特別映像にいのりボイスに何やらミクさんみたいな仕様!
スポンサー推しはいいけど、力入れる方向が違う('A`)



▼May'n

40.キミシニタモウコトナカレ/シャングリ・ラ
41.ダイアモンドクレバス/マクロスF
42.Brain Diver/ファイ・ブレイン
43.Chase the world/アクセル・ワールド


トリは部長!
自分の座席下の通路から登場!
と同時にMay'n待ちだった客席が湧き上がる!

キミシニキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
個人的にお気に入りの曲です!
動くお台に乗って会場を一周し、ステージ到着でMC。
そして、ダイアモンドクレバスを披露。
続いてBrainDiverで会場を熱し、さらにMCを挟んで最後はChase the worldで加速!




とても良かったで賞:ALI PROJECT、fripSide、May'n
良かったで賞:KOTOKO、ZONE、リトルブルーボックス、P4
頑張ったで賞:ALTIMA、ABCHO、ayami、岸田教団
平常運転で賞:栗林みな実、中島愛
コレジャナイで賞:EGOIST


次回も参加するかどうかは未定。
出演者と状況次第かなー。
関連記事

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

ライブ・イベント  /  tb: --  /  cm: 1  /  △top

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #

2013/07/28 14:15 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。