05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

■TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET 

■[LIVE] TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET
【日程】2010.10.28(木)
【時間】開場:1700~開演:1800~終演:2105
【会場】品川ステラボール
【出演】彩音,Kalafina,喜多修平,工藤真由,黒崎真音,Daisy×Daisy,東京ブラススタイル,中島愛,中野腐女シスターズ,ニルギリス,米倉千尋
【番号】1175
【人数】ぼっち(´・ω・`)
【他】抽選招待制、完全無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京アジア・ミュージックマーケット(TAM)改め、「東京国際ミュージックマーケット(TIMM)」に参加して来ました。
整理番号は初の4桁番台。
ステージ前方8列目くらいを確保できたよ!(オールスタンディング)

開演前、ステージ上のディスプレイにustの画面が表示されていた。
携帯からustにログインしてついーと→会場のディスプレイでついーとを確認→楽しい(゚∀゚)♪
とがめアイコンで遊んでた奴はおいらです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回は強いて言えば「Kalafina」と「中島愛」が主な目当て。

・Kalafina … 空の境界曲
・中島愛 … 星間飛行、こばと ED1
・喜多修平 … アニメ版ペルソナ OP
・黒崎真音 … 禁書目録II ED、学園黙示録 ED曲
・Daisy×Daisy … 鋼殻のレギオス OP
・工藤真由 … ハートキャッチ プリキュア!
・米倉千尋 … 第08MS小隊 OP
・彩音 … メモオフ系

こんな感じだとまさに俺得。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回もいつも通り、司会進行のDJを挟みつつ、1アーティストあたり2~3曲での展開。
大筋は合ってるハズだけど、登場順がちょっと違うかもしれない。曲目は合ってる。
最初から順番に感想書いてみる。


◆ニルギリス
「kiseki」(鉄腕バーディー DECODE:02)
「sakura」(交響詩篇エウレカセブン)

アーティスト一覧ではティンと来なかったその1。
どこかで名前は見たような気がすると思ってたけど、曲を聴いて思い出した!
そうだ、鉄腕バーディーだ!OK、思い出して覚えた。

2曲目はエウレカ。
実はエウレカ見てないんです。途中で切ってしまったorz
まさに「一話目で 切ったアニメが 神展開」的な状況。1話で切ったワケじゃないけど。
評判はかなり良いから、全部しっかり見たいんだけどモノが手元にない。
知り合いでDVD持ってる人いないかなぁ………


◆工藤真由
「Tomorrow song~明日のうた~」(ハートキャッチプリキュア!)
「My sweet days」
「ハートキャッチ☆パラダイス」(ハートキャッチプリキュア!)

プリキュアの人、という印象しか無かったけどまさにその通りだった。
ハトプリの前後期EDと新曲の3曲。
プリキュアED曲では幼女ダンサー、H-kids(4人)が登場。水樹奈々ライブで出て来たような?
4人がそれぞれ、イメージカラーの衣装を身に着けてバックダンス。


◆黒崎真音
「Magic∞world」(とある魔術の禁書目録II)
「君と太陽が死んだ日」(学園黙示録)

真音キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
期待通りの禁書IIのEDと学園黙示録のED!

とは言うもののデビューしたてで、まだこの数曲しか持ってないんだけどね!
とりあえず生で聴けて良かったよ!


◆東京ブラススタイル
「摩訶不思議アドベンチャー」(ドラゴンボール)
「ルパン三世のテーマ」(ルパン三世)
「ルージュの伝言」(魔女の宅急便)
「となりのトトロ」(となりのトトロ)

アーティスト一覧でティンと来なかったその2。
みwiki先生によると「アニメソングを中心とした、様々な楽曲のジャズアレンジを専門に演奏するバンド」らしい。

意外というべきか何と言うべきか、なかなか面白かった。
アニソンのジャズアレンジは聴く機会が少ないこともあって、メジャーな曲でも割と新鮮な印象。
かなりのアレンジが入っており、作業中に聞き流していたりすると、もしかしたら気づかない人もいるかもしれない。
レンタルCDが出ているなら、ちょっと借りて聴いてみようかなという感じ。


◆彩音
「Arrival of Tears」(アニメ版11eyes)
「DOLPHIN☆JET」(ケンコー全裸系水泳部 ウミショー)
「Angelic bright」(ひぐらしのなく頃に絆 第四巻・絆 祭囃し/澪尽し編)

司会進行のDJが「彩音」を紹介する時に「アヤノ」と読んだ。3回も。
せめて「失礼しました」の一言くらい言うべきだったと思うんだけど?

曲は「Arrival of Tears」と「Angelic bright」。
アニサマ2010からLive5pb.を経て、TIMMでも同じような全開っぷりでした。

今回の収穫は2曲目の「DOLPHIN☆JET」キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!
ウミショーは観てなかったけど、アルバムで気に入っていた1曲。
一度生で聴きたかった曲だけに、かなり嬉しかった!
既出だけど、12月の3rdアルバムにも期待!


◆中野腐女シスターズ
「フーフー724」
「すいみん不足」(キテレツ大百科)
「Honey Bee~」

「中野腐女子シスターズ」の名前はどこかしらで耳にしたことがあり、学生時代の頃から存在だけは知っていた。
興味がないまま現在に至り、今回初エンカウント。
客層のテンションはハジけてる層としらーっとしてる層に二分していた。
アフィリアもそうだけど、こういうタイプのユニットは客層がハッキリ出るなぁ…

みwiki先生を見てみると、TAM2009の〆でやらかした腐男塾がこれの男装版だとか。
確かに同じような自己紹介の仕方でしたね……
個人的には男装版よりもコチラの方が好み。センターにいたピンクのポニ子が可愛かったと思います。

キテレツの「すいみん不足」。
脳内で「あふぅ」の追加攻撃余裕でした^^;


◆Daisy×Daisy
「Brave your truth」(鋼殻のレギオス)
「?」
「HOLY SHINE」(フェアリーテイル)

イントロから、レギオスOPキタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
Daisy×Daisyは水樹奈々の妹でレギオスOPの歌い手、という印象。そのまんまだけど。
フェアリーテイルは観てないけど、10月からのED曲だとか。ほぼ新曲かな。

エンカウントは初めて………だったと思うけど、どこかで一度エンカウントしているような気がしないでもない。
なんにせよ、やっぱり好みの感じ。旧譜集めも一考の余地あり。


◆喜多修平
「Breakin' through」(ペルソナ -trinity soul-)
「一斉の声」(夏目友人帳)

期待通り!
「Breakin' through」キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
2曲目は「いっせーのせぃっ!」

MCでも言ってたけど、今回唯一の男性アーティスト。
肩身が狭いような事を言ってましたw


◆米倉千尋
「WILL」(封神演義)
「嵐の中で輝いて」(機動戦士ガンダム第08MS小隊)

ちっひー登場!
封神演義の「WILL」に始まり、MCを挟んで、期待通りの「嵐の中で輝いて」!
久しぶりに嵐の中で輝いてを生で聴けて嬉しかった!


◆中島愛
「天使になりたい」
「メロディ」(たまゆらOVA)
「星間飛行」(マクロスF)

まめぐ新曲キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
そして最後は期待を裏切らずに「キラッ☆」

デビュー当時のマクロスF初期はおどおどしてたけど、今はワンマンライブもやるだけあって、しっかりと強さが身に付いてる感じ。
今やもう立派なアーティストのひとり。なんだか感慨深い。


◆Kalafina
「oblivius」(劇場版 空の境界 第一章)
「輝く空の静寂には」(黒執事)
「光の旋律」(ソ・ラ・ノ・ヲ・ト)

念願の初生「oblivius」。
ステージ上のディスプレイに式が映るとともに曲が開始→鳥肌。
「君が光に変えて行く」や「ARIA」「sprinter」などはアニソンSPやアニサマで聴いたことがあるが、最も気に入っている肝心の「obrivious」だけはまだ一度も生で聴いたことが無かった。
ここ最近のライブで久々に心から昂った1曲。やはり素晴らしい。
劇場版 空の境界のDVDを全回収するに至った理由の一つがKalafinaとその挿入・主題歌だった。

JCBホールで開催された梶浦ライブはやっぱり行くべきだったなぁ……
梶浦スキーでFictionJunctionスキーで、当然ながらKalafinaスキーでもあるのに、何故日和ったんだろうか。

個人的には「I have a dream」(イヴの時間)も聴きたかった。
やっぱりライブ行くしかないじゃん!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


序盤で時間割きすぎたのか、後半のアーティストのMCはほぼ無いに等しい状態なのが残念だった。

客席前方、後方、両サイドがやたら騒がしかった。
悪名高いイベンターの和田氏が会場にいたらしいけど、近くじゃなかったのでなんだかよくわからなかった。
アーティストのMCでやたらとちょっかい出してたのがそうなのかな。
とは言え、間違ってもお近づきにはなりたくありませんが^^;


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<関連戦歴>
TAM2009
TAM2008
関連記事

テーマ: アニソン・キャラソン

ジャンル: 音楽

ライブ・イベント  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。