03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【レポ】5pb.新作2タイトル 合同記者発表会(試遊雑感) 

■5pb.新作2タイトル 合同記者発表会
銀座パセラで行われた5pb.の新作発表会に一般記者として参加しました。
ここでは新作2タイトルのゲーム試遊について書いています。
開催中の様子など、細かい雑感は【こちら】




(C)2011 5pb. Inc.
【タイトル】 ファントムブレイカー
【対応機種】 Xbox360
【ジャンル】 美少女対戦格闘ゲーム
【CERO】 審査予定
【プレイ人数】 1~2人
【XboxLIVE】 対応
【発売日】 2011年4月28日(予定)
【通常版】 8,190円(税込)
【限定版】 9,975円(税込)
【発売元】 5pb.

【広報隊長】 長島☆自演乙☆雄一郎(K-1コスプレファイター)
【キャラクターデザイン】 鈴平ひろ 「SHUFFLE!」「Piaキャロットへようこそ!!3」「ヨスガノソラ」など
(C)2011 5pb. Inc.

■オープニングテーマ
「幻崩のペンデュラム」
作詞/作曲 : 志倉千代丸
歌 : ARTERY VEIN(喜多村英梨×今井麻美)
■エンディングテーマ
「???」
作詞/作曲 : ???
歌 : 長谷川明子



ファントムブレイカーの試遊台は3台+1台。
2人対戦の試遊で、1回の試遊は5分制限。
今回使用可能なキャラクターは以下の4キャラクターのみ。
   (C)2011 5pb. Inc.
    【美琴】          【柚葉】           【唯月】            【影霧】

対戦前提、詳細な操作方法がやや確認しづらいところに載っていたこともあり、細かな動作は確認できなかった。

使ってみたのは【美琴】と【唯月】。
他の人のプレイを眺めていると、【影霧】を使っている人が多かった。
ゆかりんの【芽衣】を使ってみたかったなぁ……



◆コントローラ

左スティック : キャラクター移動
右スティック : (使用しない)
左トリガー : カウンターバースト(必殺技)
右トリガー : 強攻撃
LBボタン : ―――
RBボタン : 投げ(中+強)
Xボタン : 弱攻撃
Yボタン : 中攻撃
Aボタン : カウンターバースト(必殺技)
Bボタン : 強攻撃



▼方向キーとボタンで簡単に技が出せる
(C)2011 5pb. Inc.
従来の波動拳コマンド(236)や昇竜拳コマンド(623)などとは異なる入力方法っぽい。
文字通り“方向キーとボタンで簡単に技が出る”ため、コマンドを覚える必要がない印象。

例:『スティック←&A+B(美琴/射撃技)』←これ感じで技が出る
通常は左スティックでキャラクターを操作し、X/Y/Bを上手くコンボさせて攻撃する。
その際、スティックを入れつつAとX/Y/Bを同時に押すと技が発動する。

実際には異なるけど、“テイルズ オブ ~”の技の出し方をイメージすると分かりやすいかも。
おそらくこれが“ファントムブレイカー”最大の特徴だと思う。超初心者向け、入門用のFTG。
FTG熟練者からすれば「こんなのはFTGじゃない」と評価されても理解できるほどの取っ付き易さ。

▼QUICK/HARD、2つのスタイル
(C)2011 5pb. Inc.
どちらのスタイルを使用するか、キャラクター選択画面で選択。
QUICKは回避/速度に特化したコンボタイプ。
HARDは攻撃/防御に特化したパワータイプ。
スタイルの違いは回避アクション(避け/ブロック)やオーバードライブ(高速化/硬化)などにも影響する。

まだ操作に慣れてなかったこともあり、試遊時はHARDスタイルの方が安定してプレイできた。

▼バーストゲージ
 (C)2011 5pb. Inc.
攻撃のヒットや防御などで溜まる、よくあるゲージ。MAX200%。
ある程度溜まった状態(100%毎?)で、『A+B』などを押すだけで必殺技が発動。
オーバードライブについてもこのゲージを使用。

▼相殺システム
(C)2011 5pb. Inc.
攻撃は防御。
例えば、敵の攻撃で防戦一方な状態になったとしても、こちらから攻撃すればタイミング次第で相殺できる。
似たようなシステム自体は他FTGでもよく見かけるけど、タイミングは狙って出せるほど緩かったように感じた。
相殺すればするほどテンションゲージが溜まり、クリティカルバーストが使用可能になるらしい(未検証)。

▼オンライン要素
もちろんオンライン対戦はあり、現在の開発はそれについて調整中とのこと。
やはり対戦通信時のラグなどの問題が大変な様子。

また、追加DLCで「牧瀬紅莉栖(STEINS;GATE)」「咲畑梨深(CHAOS;HEAD)」の2キャラクターが確定済。
シュタゲキャラは嬉しいけど戦い方は大丈夫なんだろうか。
まさにイロモノキャラというイメージ。
カオヘキャラは劇中でも普通に戦っているので違和感無さそう。
ビシィさんだけでなく、ギガロマニアックス全員出して欲しい!ななみんとかこずぴぃとか。
でも、それだとそれなりの人数になるし別ゲームになってしまうのかな。

▼その他
(C)2011 5pb. Inc.
キャラクターが割と重たいので、バッタゲーにはならないのではないかなと思う。
2段ジャンプはあるけど、空中ダッシュは無いっぽい。


全然確認できずに終わってしまったが、やはり初心者向けのFTGという印象。
シンプルであるが故に、ただのガチャプレイでは勝てない。
熟練者にとっては縛りやクセがあるように感じるかもしれない。

発売元が5pb.だけに、FTG経験が少なくて迷っている人も少なくないと思う。
普段FTGをしない人はもちろん、鈴平ひろさんのキャラクターや豪華な声優陣で興味を持っただけの人でも充分遊べるように作られているように感じた。
あとはADVの5pb.だけに、各キャラクターのストーリーなど気になるところ。

「ファントムブレイカー」の予約はまだ開始されていない様子。
もう一方のバレットソウルは予約受付中のため、近々予約受付開始になると思う。




(C)2011 5pb. Inc.
【タイトル】 バレットソウル -弾魂-
【対応機種】 Xbox360
【ジャンル】 熱血スクロールシューティング
【CERO】 審査予定
【プレイ人数】 1~2人
【XboxLIVE】 対応(ランキング、リプレイデータ)
【発売日】 2011年4月7日(予定)
【価格】 7,350円(税込)
【初回特典】 サウンドトラックCD
【発売元】 5pb.

【キャラクターデザイン】 渡辺明夫 「化物語」「Lの季節」「MissingBlue」
【音楽】 RESONATOR(伊藤賢治「ロマンシングサ・ガ」シリーズ、高橋コウタ「リッジレーサー」シリーズ)

■オープニングテーマ
「蒼凛のペンデュラム」
作詞 : 志倉千代丸
作曲 : 伊藤賢治
歌 : 長谷川明子
■エンディングテーマ
「ALTAIR」
作詞 : KOKOMI
作曲 : 黒瀬圭亮
歌 : Asriel



バレットソウルの試遊台は3台。
1人プレイの試遊で、1回の試遊は5分制限。
今回使用可能なキャラクターは公開済の全キャラクター。
  (C)2011 5pb. Inc.
    【ゼンイチ】         【エン】         【サダハール】
今回試遊では【エン】を使用している人が多かった。

バレットソウルは最近多い東方系のような避けるSTGではない。
ガンガン攻めて壊して、アイテム取って、更に突き進んで行くSTG。

STGは回避系のゲームが多くなってからはまったく関心が無くなっていたジャンル。
昔のSTGはみんなこんな感じだったなと思い返しつつ、ガンガン攻めることを前提にしているシステムに好印象。
「攻め」をさらに昇華して、これに「爽快感」や「快適さ」をどんどん求めていくともっと面白くなりそう。

▼魂ゲージ
 (C)2011 5pb. Inc.
『熱いプレイの目印だ!』

そのための“魂ゲージ”。
攻めれば攻めるほどゲージが溜まる。
ゲージが溜まるとより多くスコアを獲得できる。

▼弾幕無効化
(C)2011 5pb. Inc.
『被弾する前に撃破するのが流儀だ!』

弾を出している敵を撃破すると弾が消える。
つまり避ける必要がない。
ただひたすらに撃ち壊し続ければいい。

▼その他
(C)2011 5pb. Inc.
敵を同時破壊しボーナスゲット

(C)2011 5pb. Inc.
ユン機はレーザーの発射方向を制御可能


同じ縦スクロールでも「避けるSTG」と「攻めるSTG」とでは全くの別物。
どちらのタイプのSTGが気に入るかは人それぞれではあるけど………
ただひたすらに弾をぶっ放し壊し続ける。どこからどう壊そうか考える。
個人的には迷わずこちらを推す。

「バレットソウル-弾魂-」はAmazonなどで予約受付中。

バレットソウル-弾魂-バレットソウル-弾魂-
(2011/04/07)
Xbox 360

商品詳細を見る




このページ使用している画像の著作権は株式会社5pb.((C)2011 5pb. Inc.)にあります。
画像の無断転載等はご遠慮ください。
関連記事

テーマ: ゲームニュース

ジャンル: ゲーム

ライブ・イベント  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。