03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】キャサリン(PS3/360) 

【追記】
スタッフロール拝んで数時間後に難易度調整パッチが配信決定したようです(´・ω・`)
「コンティニュー無制限」や「Very Easy追加」ならいいけど、全体の難易度は下げないで欲しいな。



■[PS3/360] キャサリン
【発売日】 2011年2月17日(木)
【発売元】 アトラス
【ジャンル】 アクションアドベンチャー
【レーティング】 CERO:C(15歳以上対象)



ペルソナシリーズ開発チームによる、ホラー・アダルトテイストのアクションアドベンチャー。


◆物語
主人公は32歳のSE。
ある日、付き合って5年になる彼女から暗に結婚の話が持ち込まれる。
主人公はまだ独身生活を楽しみたいと考えており、答えを出せず途方に暮れる。
そんなある日、酒場で出会った女の子と一晩を過ごしてしまう。

夜、気がついたら羊だらけのブロックの山。
ブロックは時間と共に崩れ落ち、登らなければ現実世界でも死んでしまう。
頂上に到達すれば“真の自由”を手に入れられるとか。


物語はアドベンチャーパートの現実世界と、アクションパートの夜の悪夢の行き来で進行。

『朝:イベント&ムービー→夜:酒場→夜:イベント&ムービー→悪夢:パズル→翌朝:イベント&ムービー→(ry』



◆アドベンチャーパート
アドベンチャーパートは基本的に朝と夜、イベント&ムービーで進行。
酒場で仲間や恋人との会話が行われ、その後のゲーム展開に影響する。
シュタインズゲートのような携帯電話を模したシステムもアリ。
主な舞台となる酒場の雰囲気は良い感じ。お酒のTipsも面白い。
アドベンチャーパート1回あたりのイベント&ムービーはやや短め。

グラフィックはPS2時代のクオリティをそのまま昇華させたような印象。遙かに綺麗になっている。
キャラクターのリアクションもコロコロ変わるため、アドベンチャーパートは見ていて飽きない。



◆アクションパート
夜の悪夢のアクションパートは怪物に襲われながらひたすら階段を上って行く。
ステージは宙に浮いたブロックで構成されており、下手に崩さないようブロックを動かして階段を作り、そこを伝って頂上を目指す。
ブロックは上下8つの辺いずれかが他のブロックの辺と繋がっていれば固定される。
無論、ブロック自体にも色々な仕掛けがあり、それぞれの特徴を把握しなければならない。
ゲーム的にはアイスクライマー×ジェンガのような印象。
イメージはPVを見たほうが早いかも。


※1:08あたりから~

シナリオモードの難易度「ノーマル」では3次元的な思考はそれほど要求されなかった(と思う)けど、「ハード」になるとどうなることやら………

ステージにもよるけど、各夜おおよそ3ステージで構成される。
各夜の最終層は大型Mobに追いかけられながらのプレイ。割と迫力はあると思う。
ある程度道筋が分かりやすい最終層よりも、複雑に積み上げられた途中層の方が難しかった。
最終層で迫力ある大型Mobに追いかけられながら頂上に到着したときの主人公とのシンクロ率は200%。



◆システム
読み込み時間はそれなりだけど、タイトルからアクションパート復帰までの時間をもう少し短くして欲しかった。
「質問」や「全体マップ」のスキップ、アクションパートでの「セーブデータのロード」、タイトルでシナリオモード選択時のカーソル初期位置を「ロード」に配置するなど。
難易度は高めで面白いので、システム面で快適にプレイできるようもう少し配慮が欲しかった。

オプション項目が少ないのはマイナス。
いつでもどこでも難易度が変更できれば救済措置にもなったと思う。

大人の事情があるのは察しがつくとは言え、コロシアムモードはオンラインを設けて欲しかった。
おまけモードとは言え、対戦させる要素があるならば、昨今はオンラインで然るべき。



◆雑感
そんなこんなで発売3日目。
なんとかスタッフロールを拝むことができました。

 

難易度は「ノーマル」で、カウントプレイ時間は「13時間」程度。
やり応えはなかなかのもの。人によっては投げてしまうような難易度かもしれない。
Twitterのキャサリンハッシュ(#cathy_atlus)を見る限りでは、「Easy」でも難しいという声が目立つ。
終盤、最後の最後はランダム要素も絡んで来るので、根気なんかも必要になって来る。

悪夢の中では数えきれないほどのゲームオーバーを繰り返したので、実時間は1.5倍以上はかかっているはず。
物凄く単純なことで悩ませていたところもあれば、閃きでトントン上へ登れるところもあった。
詰まった時の気分転換とセーブは大事。
酒場のミニゲームもそれなりにプレイしたけど、こちらは最終ステージまで行けなかった。

気になるマルチEDは恋人BAD END。
キャサリン(みゆきち)狙いだったけど、最後にブレてしまったようです(´・ω・`)

とりあえず、来週に控えたアイマス2までにスタッフロールを拝めて一安心。
各ENDやトロフィーは追々プレイしていきたい。

関連記事

テーマ: ゲーム

ジャンル: ゲーム

ゲーム感想  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。