07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】 アイドルマスター2、4周目終了 

■[360] THE iDOLM@STER 2

4周目が終了しました。

今回プロデュースしたアイドルは我那覇響。
四条貴音と同様に、アイマスSPでライバルとして登場し、今作で初めてプロデュースできるようになったアイドル。

両サイドには真とやよいを配置。
ビヨンド衣装も統一したダンスユニット。


今回はいろいろな事を試す実験的なプロデュースでした。
未だにWikiは見ていません。見たいけど、見たら全て終わる気がする……

(1)積極的な「営業」の組み込み
これまでは思い出アピールを使うこと無く「思い出Lv1」の状態でプロデュースして来た。
しかし、3周目のハイスコア評価で限界が見え、これ以上を狙うには思い出アピールが必須と判断。
現在のプロデュース計画に、積極的な営業を絡ませて思い出Lvを上げるよう試してみた。
今回はその他実験の影響も絡んで最終的な評価は低めに。

(2)「スーパーブレイク」の発動
取説に記載されていない隠された特殊状態で、なにやらクインテットライブが絡んでいるとか。
いろいろ試してみたものの、結局今回は一度も発動せずに終了。
☆が足りなかったのか、そもそも条件が違ったのか、次回も探りを入れてみる予定。

(3)ステータスのゴリ押しに依存しない、フェス必勝対策など
序盤から中盤(ノミネート発表会あたり)は「スガモちゃんお守り」でラクに封殺可能。
スガモちゃんが足を引っ張り始める終盤は、それなりのLvがあればバーストアピールを連発されても「にくワン/リンカモ/あわんこお守り」があれば、アピールの仕方次第でゴリ押しできる(千早:Voレート最大状態でバースト発動、など)。

これまではこんな感じでやって来たけど、これからは特定のお守りに頼らない戦略が欲しい。
という訳で、安定した勝法を確定させるためにフェスの戦い方を再び模索した。
これからは思い出Lv2までは確保しておこうと思います。


今回のギスギス~ケンカはプロデュース全体合わせても2~3週程度。
IA大賞受賞後のコメントも「仲良く目標に向かうことができた」的な内容だった。

CD売上の方はリバイバル×2曲。

1曲目にプロデュースした曲があっさりリバイバル入ったは良いものの、その他曲の特殊状態が難航。

IAでは3部門+大賞を獲得。
これまでのプロデュースで獲得していなかった「南エリア」を優先。実績も解除。
これで前エリアの部門実績は解除。あとは1回のプロデュースで完全制覇を狙うだけ。

衣装&アクセサリはこれまでとほぼ変わらず。

今回、「ヤスコインカム」を買ってみた。高かったけど、性能もそれなり。
でも、頭アクセのコストパフォーマンスは「セピアサングラス」が一番だと思う。
セット効果を考えないなら、「星のブローチ」、「月の腕輪」、「星のアンクル」あたりが無難かな?
衣装は「パレスオブドラゴン」と「ビヨンドザスターズ」で安定してるけど、そろそろ飽きてきたので、よりハイスペックな衣装に切り替えたいところ。



各アイドルのシナリオについてはバレになるかもしれないから多くは語らない方向で。
響可愛いよ響。
朝の意気込みの時(選択した直後に出る、前に飛び出すような動き)とか、「はいっ!」っていうお返事とか可愛いと思います。はい。



▼4th プロデュース
 
ユニット名 : Crown Edit
起用アイドル : 我那覇響・菊地真・高槻やよい
1曲目 : MEGARE! (リバイバル済)
2曲目 : relations
3曲目 : 迷走Mind
4曲目 : キラメキラリ (リバイバル済)
5曲目 : shiny smile



▼アルバムから数枚
        
\アルバムいっぱいいっぱい!/



▼1st プロデュース
▼2nd プロデュース
▼3rd プロデュース



   
関連記事

テーマ: アイドルマスター

ジャンル: ゲーム

ゲーム雑記  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。