09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】 PlayStationVita 

2011年6月7日、E3 2011開幕!

■Electronic Entertainment Expo 2011

初日のカンファレンスにて、ついにNext Generation PortableことNGPが公式コール。
その名も『PlayStationVita(プレイステーション・ヴィータ)』!
某鉄槌の騎士を連想させる名称は噂通り。略称は“PSV”で安定?

■[SCE] PlayStationVita
※プレスリリース(pdf)
▼概要
商品名称 … PlayStation®Vita (型番:PCH-1000 series)
発売時期 … 2011年末予定
本体価格 … Wi-Fiモデル:\24,980、3G/Wi-Fiモデル:\29,980
外形寸法 … 約182.0(W)×18.6(H)×83.5(D)mm (予定)
▼その他詳細、PSP-3000との比較など




発売時期は“近日発表予定”とのことで、2011年末のまま新情報無し。
TGSで告知しても間に合うんじゃないかと思うけど、年末展開を踏まえるとやっぱりTGSでは遅いのかもしれない。

本体価格はなんと驚きの\30,000以下……ッ!!
今回発表で最も騒がれたポイントがこの価格発表。カンファレンスで平井氏が発表する直前にネット上でプレスリリースが展開されてたけど(ノ∀`)

一時は国内市場ですら360に奪われかけたPS3の苦い経験と、未だ完全回復とは言えないPSN問題の最中、PlayStationNetworkにおけるゲーム/メディアコンテンツの新たな軸となるであろう新ハードの発表。
情報通りの高機能・多機能要素を思いっきり詰め込んでいながら、一か八かとも感じられる戦略的な価格破壊。命運をかけた強い意志を感じる。
しかし、NGPことPSVitaには発売までに解決しなければならない課題も多い。

(1) 「PSN問題」
何をするにもまずはPSNを平常運転に持っていかねばならない。日常生活にネットワークを展開することを目指しているSONY本体にしても、先日の情報漏えいは信頼性に致命的なダメージを負ったはず。新たな仕様が展開しても、地盤に問題があっては作れるものも作れない。

(2) 「通信料」
3G回線を搭載する以上、必ず通信費が発生する。本体価格は魅力的だけど、実際にかかる金額は『本体価格+通信料』となる(と予想される)点に注意。世間的に受け入れられる予想額は「本体価格+月額\3,000程度」が上限だろうか。利益を踏まえて大雑把に見積ると、月額\5,000程度は欲しいような印象だけど。

世間的にも、この2点だけはクリアしてもらわないと手が出しづらいのでは。
通信料に関しては、今のスマートフォンと同等以下の金額は絶対条件だと思う。携帯電話やインターネットが普及した現在、モバイルアダプタGBのような失敗はしないはず。どのような方法で来るのか興味深い。

関連記事

テーマ: ▼ゲームの話

ジャンル: ゲーム

ゲーム雑記  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。