09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

なよべや。

  // 

自分で体験したゲームやイベントなどの主観的な感想を置いておく場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【感想】RADIATA STORIES(PS2) 

ストーリー ストーリー全体はAAA作品の中では中々の高得点。
多少伏線の回収できていなかった様な箇所はあるものの、久々に物語の先が気になって止めたくないような衝動に駆られた。
グラフィック 世界観とグラフィックの質感が妙にマッチしていて良かった。
キャラクターの微妙な表情の変化も良し。
音楽 戦闘曲は良い感じだと思う。
全体的に音楽は悪くなかったが、ストーリーの印象を左右させるイベント音楽の「ひとつ」がいまひとつだった。
その問題のイベントBGMが重要な箇所で使われていたのが痛手。
曲としては悪くなかったが、音楽としては全体的に音が軽いような印象を受けた。
ボイス、SEと比べて、BGM音量がやや低めだと思う。
戦闘システム リンクシステムは楽しく中々に上出来な作りで、集団戦闘を行っているという実感が容易に持てると思う。
命令時のNPC動作・通常動作から、NPC思考も優秀かと思われる。
主な攻撃方法が、通常攻撃・ボルティブロー・ボルティブレイクであるため、通常攻撃のコンボ設定が戦闘の爽快感・楽しさの鍵を握る。
各キャラクターの戦闘ボイスが数種類しかなく、同じセリフを連呼する様は痛い。
最終的に完全燃焼スキル所持者で攻撃力が高いキャラクターにボルティブレイクを任せる事になってしまうので、数あるボルティブレイクもキャラクターごとに何か特長を持たせればよかったと思う。
他システム 全キャラクターが24時間生活しているようなシチュエーションはGPMやEVA2のシステムを思わせる。
150人以上のキャラクターが仲間になるが、実際に使うのは(プレイスタイルによるが)一握りだろう。
仲間に関しては、クリアするだけならある程度の人数で事足りる。
蹴りでアイテムを回収したりするシステムは、無駄な動きが無く良かったと思う。
ただ、どこでも何でも蹴る事が出来てしまうため、街中を蹴り調べ回ってるだけで1日過ぎることも。
主なストーリー進行条件が「一定時間経過・部屋で寝る・部屋に入る」である為、セーブしようと思って拠点(部屋)に行くとストーリーが進んでしまう(進行途中で即席のセーブポイントが作られる時もある)事がある、それが減点要素。
3Dでありながら、大半のMAPが横スクロールであるため、初めのうちは位置把握に若干時間がかかるかもしれない。
人によってはダンジョン内や城内で迷ってしまう人もいるだろう。
手間は倍増するかもしれないが、戦闘時以外にも視点変更を入れれば良かったと思う。
キャラクター 大きく好き嫌いが分かれる性格だと思うが、主人公のジャックが気に入った。
多少説明不足な箇所はあったが、メインキャラクターの背景設定も悪くなかったと思う。
若干、ジャックなどのメインキャラクターのセリフとストーリーが噛み合ってないような箇所もあった。
快適さ AAA作品には、ロード時間が極短い(無いに近い)という良点と、どこかしらバグ(フリーズなど)があるという悪点があると言える。
しかし今作は後者のバグが全く見受けられなかった。
まとめ 世界観とストーリーを考慮した上で、あのグラフィック感というのは納得がいく。
戦闘システムもSOとは違った面白さがあってよかった。
笑える箇所も多々あれば、燃えるような展開もあり、ストーリーはつまらなく感じることは無かった。
ただ、AAA作品にしては難易度が余りにも低すぎる。
ストーリー進行中は特にLv上げは必要無く、隠しボスを倒すまでに無難にLvMAXまでいけてしまう。
関連記事

テーマ: レビュー・感想

ジャンル: ゲーム

ゲーム感想  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。